ロシア 海外旅行

2019/7/14 ユジノサハリンスク観光1

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

朝食

朝食。昨日と違いソーセージがない代わりにホットサンドの中にハムとチーズが入ってた。

ユジノサハリンスク市内観光

9時30分。観光開始。
まず、ホテルから歩いて5分とかからない所にある、サハリン州立美術館に来てみた。
もと北海道拓殖銀行豊原支店を利用した美術館だ。今回は外観を見るだけ。

美術館からガガーリン公園を目指してハバロフスク通りを東に移動。
どでかい施設があった。

キリル文字を日本的に書くとこんな感じなんだ。。。

コムソモール通りに出ると右手に教会が見えた。

日本の商品を扱っているユキオというお店があった。

広告

ゲルメス・ルーシでお土産を買う

ロシアのみやげ物を売っているお店「ゲルメス・ルーシ」
後で戻ってこようかと思ってたけど、やっぱり面倒くさいので入ることにした。

↑グジェリ焼き
定番のものは置いてる感じ。

↑マトリョーシカ

サハリンのデザインのTシャツとプーチンのTシャツ買った。1枚、800ルーブル。

あと、マグネットも購入。
マグネットってどこでも売っているし、安いのでおいらの中のルールで行った都市ごとに買うことにしている。

ガガーリン記念文化公園

ガガーリン記念文化公園に到着。公園とでかでかとありますわ。
日本統治時代は豊原公園と呼ばれていた。

ガガーリンさんがお出迎え。

ユジノサハリンスク名誉市民の宮西さんの碑。

こりゃ、大きい公園ですわ。

昨日行ったコルサコフもそうだったけど、こんな感じの綿が舞ってるのよ。アレルギーでくしゃみでそう。。。

池がある。

川もある。

記念写真スポット。でも『 I Love Park 』ってどうなんだ??
強調するとこそこか??

ロシア人てほんと熊好きだな。。。

子供が喜びそう。

ステージ。

さすが、花がキレイに管理されている。

スタジアム。

小規模だけど、遊園地もあった。
土曜日の10時過ぎなのにだれも人がいなくて、なにも動いていなかったのが少し不気味だった。

絶叫系の乗り物もある。

サハリンはどこにでも野良犬いるので気を付けてください。しかも割とでかいっていう。。。

野良ネコ様もいます。

広告

ロシア正教会

次に公園のすぐそばにあるロシア正教会に来た。
正直、おいらモスクワやサンクトペテルブルクで教会は見飽きているのよね。

中に入ったけど写真撮れるよう雰囲気ではなかったので写真なし。

教会の裏にはだれかの墓があった。

北海道センター

北海道センターという建物。

日本の領事館や企業なんかが入居しているみたい。
ツーリストインフォメーションセンターもあるから困ったら行ってみると良いと思います。

広告

サハリン州立郷土博物館

おそらくサハリンで一番有名な建物。サハリン州立郷土博物館に来た。
樺太庁博物館の建物と展示物を受け継いでいるんだとか。

シンメトリーだし、噴水あるし、日本と西洋の建物をうまく融合させたって感じだな。設計は日本人の貝塚良雄さん。

外には日本の軽戦車が展示されていた、

当時の豊原にあった並木道「中川並木」の標識。

戦時中に日本全国の小中学校に設置されていた天皇・皇后の写真を飾るための「御真影奉安殿」と呼ばれる建物。

入館料200ルーブルを払い博物館の中へ。
ルートが決まっており、初めは地下1階から。
恐竜から始まるのか。かなり遡ったね。

博物館は全体的に日本語の説明はもとより英語での説明もないので、正直どういう展示なのかは推測するしかなかった。以降、間違った情報もあるかもしれないのであしからず。

続いて、サハリンに生息している動物のはく製。

ヒグマとかいろいろ

2階へ。

アイヌ、二ヴヒなどの少数民族についての展示。

少数民族は北海道や大陸から渡って来たみたい。

衣装類。

武器や日用品など。

ロシア人がサハリンにやって来たころの展示。

サハリンが流刑地だった時代の展示。

日本統治時代の豊原についての展示。

1945年、日本が第二次世界大戦に敗戦し、ロシア領になった的なやつ。

サハリンの地図にはもちろん北方領土も含まれている。。。

博物館出た。
博物館の裏にはバラ園がある。

ネコ様発見。

子供に捕まって気の毒そうな白黒ネコ様。

災難だった白黒ネコ様としばらく遊んだ。
最近、YouTubeで『感動猫動画』 というチャンネルをよく見ているので、ネコのモフり方は習得済みである。
最後には膝にまで乗って甘えてくる始末w

栄光広場(旧樺太神社跡)

第二次世界大戦終戦記念碑。

おそらく犠牲になった人々に名前が刻まれているのでしょう。

山側に行くと樺太神社があった場所らしいのだが、疲れそうなのでパス。

広告

勝利広場

最近、建てられたようだ。
個人的にはモンゴルとかカザフスタンの建物っぽいと思う。

子供がこちらを向いて笑っている。かわいい。

山の空気展望台に行くロープウェイが見えた。

キリスト生誕大聖堂

かなりでかい。
モスクワの「救世主キリスト聖堂」よりも大きいのではないだろうか。
ただ、2017年に出来ただけあって言っちゃ悪いが全然歴史を感じない。

一応、中に入ってみましょ。

ロシア正教はイコンがあって、まぁどこでもこんな感じですわな。。。

赤ちゃんに何か儀式をやっていた。

天井。ほんとにさっき描きましたって感じでキレイずぎるんだよな。。。
ロシア訪問3回目、モスクワのクレムリンでロシア正教会の総本山見た後だからそう感じるのも仕方ない。でも、初めてのロシアだったら割と感動すると思う。

勝利大通り

勝利大通りを通って一旦、ホテルに帰ります。
おいらは徒歩で回ったけど、割と距離あるからバスとか使った方がいいかもしれない。

ロイズの看板。

ロシアではあまり見かけないタイプの教会。

レーニン像の近くに戻ってくると馬がいた。

なんちゅう哀愁漂わしとんねん!

こんな感じで馬に乗せて金を稼いでいるんだね。

ホテル近くの売店でお昼ご飯を買った。

ホテルで休憩

コーラとアイスとピャンセとピロシキ。
ピャンセはウラジオストクで食べた以来だから約2年ぶりだ。そもそもロシアでも極東にしかないんだけどね。肉まんみたいな感じで美味しいのよ。

かわいいサイズのアイス。
ロシア人ってアイス好きって言われるけど、それは本当だ。

ホテルで2時間くらい休憩した。

シティー・モール

16時過ぎ、再び外出。
ユジノサハリンスク市内の観光地は今日、行こうと思っていたところにはすべて行ってしまったので、お土産を買いにシティー・モールに行くことにした。
サッポロホテルの前から81番バスに乗った。どこまで乗っても20ルーブル。

車内の様子。

アコーディオン担いだおっさんを道端で見ることって普通、日本ではないよね(笑)

30分ほどでシティー・モール到着。
こりゃでけーわ!

1階。
中は普通のショッピングモールという感じ。

ロイズが入っていた。

2階。ここに来れば一通りのものがそろう感じ。

3階。
映画館やゲームセンターがある。

VRとか先端的なゲームもあった。

再び2階へ。
フロアを子供用の汽車が走っている。

フードコート。広いし、めっちゃ人いる。

サブウェイあった。

日本料理のラーメン一番。
あまりお腹減ってないけど調査のために食べて見ることに。

メニューはこんな感じ。
ラーメン以外にも寿司や丼ぶり系があった。

かつ丼と餃子を頼んで待つ。
1100円くらいした。フードコートと思えないほど高い。ロシアの平均月収って4万くらいと聞いたけどここに来ているやつは全員ブルジョアか!?

餃子とかつ丼来ました。ロシアであることを考えればどちらも味は悪くない。
ただ日本で出てきたら二度とたのまないと思う。
餃子はパリッと感がない。かつ丼は醤油の味が強すぎるんだ。

1階へ。
アキバユウコというオタク向けの店を発見。

お土産を買うためにショッピングモール内のスーパーへ。

一見、日本の大型スーパーと変わらないけど、やっぱりロシア。大胆だ。

ブリニを焼くお姉さん。

日本の商品が普通に置いてある。

ケーキはホール売りが基本。
カップラーメンやチョコ、コーヒーなどをお土産用に購入した。

再び、バスにのってユジノサハリンスクに戻って来た。
そういえば、ユジノサハリンスクは軍人がよく歩いているのを見る。

初日にも来たスーパー「ピエールヴイ」に寄る。

日本から200キロくらいしか離れてないのになんでこんなに乳製品の取り扱いが豊富なんだろう。乳製品大好き人間のおいらとしてはうらやましい。

今日は22時前なのでアルコールを販売していた。
高いけど、アサヒビールもある。

さすがロシア、アルコールの種類が豊富。

もちろんウォッカも。飲み切れないので買わないけど。

レーニン像に挨拶してホテルに戻った。

スーパーで買ったビールとおつまみ。
3日目終了。
明日は午後の飛行機で日本に帰国だ。

↓次の記事に続きます。

広告

-ロシア, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.