アジア インド 海外旅行

2016/8/9 バラナシ散策、サールナートとか 体調崩した?

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

バラナシ観光2日目

翌朝6時。
受付の男はまだ寝ていたが、起こしてチェックアウトした。
外に出ると約束通りディップさんが待っていた。
まずはチャイを飲む。
インド人は人生とはみたいな話をしたがる。彼もそうだった。

ガートに行くことに。
ガートとは岸辺から階段になっていていて沐浴できる場所だ。
オレンジ色の服を着た人がたくさんいる。
ガンジス河の水を汲んで、シヴァ寺院に運んでいるのだとか。

でっかい牛がゴミをあさっている。
道ふさいでたらケツたたいてどかせてるし、神聖な動物じゃないのか?

ガートを目指して歩いていると、道のわきに赤ちゃんを抱えた若い母親がミルクを買ってくれと近寄ってきた。かわいそうなので買ってあげることにして、近くの売店まで一緒に行ったらでかい粉ミルクを買おうとしたので、小さいのにしてくれと言ったら、舌打ちされた。んーここまで善意が簡単に踏みにじられることってあんのけ?小さい粉ミルクを買ってあげたらなんのお礼もなくそそくさと立ち去って行った。悲しいね。。。

ガンジス河

ガートに着いた。
雨も降っているし、水が多い。
それでも沐浴をしている人はいるね。
もちろんおいらはこんな汚い河には入りません。

しばらく眺めていたら、おばあさんが近づいてきて、韓国の硬貨を見せてきてルピーに変えろと言ってきた。いや、おいらはジャパニーズだからウォンはいらないのよ。

出会ったインド人みんなにバラナシに2日しか滞在しないなんて短すぎると言われたけど、おいらは心の底から自分の選択が正しかったと思っているよ。一刻も早くここを出たいんだから。

広告

火葬場

この後、一番大きいという火葬場に行った。
これは死体を燃やすときに使う薪の山。
火葬場自体は撮影することはできない。

普段は全然歩けるところまで水が来ている。

定かじゃないけど、ここは亡くなった人の子供が火葬する前に髪を切る場所と言っていたと思う。

火葬場に入るとちょうど布に包まれ運ばれてきた遺体が燃やされようとしていた。
男が近寄ってきて勝手にガイドを始めた。薪はどこから運んでくるか、遺体を燃やす前の儀式のやり方、カルマのことなどを説明してくれた。
説明が終わった後でバクシーシよこせと言ってきた。
おいらはその時バクシーシの意味を知らなかったんだけど、聞いたら寄付とかお布施のようなものなのだとか。
いくら払えばいいかと聞くと、気持ち次第だと言ってきたので、500ルピー払ったら少ないと言いやがる。一度払えば、家族も友達も払わないでいいのだからケチるな、昨日の日本人は3000ルピー払ったぞと続ける。
いや、気持ちっつたのはお前だろうがよバカ!
死人で金稼ぐんじゃねーよ。

1000ルピー払って解放された。はー疲れる。。。

シルクショップ

その後、ディップが働いているSNEHAというスカーフなどを売っている店に連れていかれた。
正直こいつには助けられたし、買ってやることにした。
テーブルクロス2つ。
負けてもらったけど1万くらいしたと思う。

彼は初め奈良出身の日本人女性と結婚していると言っていた。
ただ詳しく聞くと、結婚しているわけではないらしく、彼女はおばあちゃんの体調が悪いから日本に戻っていて、数か月後にまたインドに戻ってくるのでその時に結婚をする約束をしているとのことだった。
バラナシには日本の生活に疲れて全く違う環境で自分を見つめなおすために来る人が多い。そんな時に仲良くなったんだろうけど、日本に戻れば現実が待っている。
果たして、この地に戻ってくることはあるんだろうか。。。

ディップとは連絡先を交換して別れた。

広告

サールナート

列車の出発時間までは余裕があるので、ディップさんがおすすめしていたサールナートに行くことにした。
サルナートとはブッダが初めて説法をしたところで、いろんな国の寺院がある。

ドゥルガー寺院

赤い壁が印象的だ。

寺院の中はどこでも靴を脱がなければならない。
雨が降っているからホント勘弁してほしい。
しかも靴を預けただけで帰りに金を要求してきやがる。
宗教は金儲けの道具ではないんだよ。。。

2階。

なんだよこいつ、気味悪りぃな。

バラナシ・ヒンドゥー大学

この通りはさっきまでの喧騒がうそのように、平和で穏やかな雰囲気だ。

お昼休憩にドライバーのラルーさんが分けてくれた。
奥さんが作ってくれたのだとか。
ドーナッツのような生地の中にスパイシーなジャガイモが入っていて美味しかった。
ラルーさんは25年間リキシャのドライバーをしていると言っていた。
おれの年とあんまり変わんないじゃん。

ヴィシュワナート寺院

↑入口

ヴィシュワナート寺院はバラナシ・ヒンドゥー大学の中にある。

水を額にかけている人がいた。

交通渋滞はんぱない。
クラクションの意味がないくらい鳴らし続けている。

日月山法輪寺

ジャパニーズテンプル。

インドに来て日本の寺見る意味あるか?

涅槃像ってあまり日本ぽくいない気がするが。。。

正直、寺院飽きてきた。。。
おいらは自然や動物はいくらでも見てられるんだけど、遺跡や建築物はすぐ飽きちゃうんだよねー。

中国寺

チャイニーズテンプル。

↑広い庭

↑鐘

デートに来ているような若者もいた。
どっちが寺行こうって言いだすんだよ。。。

タイ寺院

タイランドテンプル。

なんとなくタイっぽい気がする。

へんなやつ発見。

この木なんの木 気になる木~♪

でっかい仏像だな。

ストゥーパ(仏塔)

ダメーク・ストゥーパ
中に入るとお金がかかるから外から写真を撮った。

チャウカーンディ・ストゥーパ。

バラナシ駅

バラナシ駅に戻ってきた。
たった2日なのに長く感じた。
そしてバラナシを出られることが本当にうれしい。

時刻表。
案の定時間通りには来ない。

どうやったらホームに牛が入れんだよ!
誰か教えてくれよ!

ブルートレイン。
18時、予定より2時間ほど遅れて到着。

広告

寝台列車(バラナシ⇒ガヤ)

寝台2等。6人部屋の3段目。
扇風機近っ!

ガンジス河の上を列車がを通り過ぎていく。
さよならバラナシ、永遠に。

やべー体調悪い。風邪気味だ。

次の記事へ↓

広告

-アジア, インド, 海外旅行
-

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.