ミャンマー 海外旅行

2019/8/11-12 ヤンゴン観光2 帰国(ヤンゴン⇒ハノイ⇒成田)

<<前の記事   次の記事>>

投稿日:

ヤンゴン観光

本日、18時50分の飛行機で日本に帰ります。
最終日なので、早起きしてヤンゴン観光に出かけた。
まずは、シュエダゴォン・パヤーに向かう。

ボージョーアウンサン通り西へ進む。
ケンタッキーの横にヒンドゥー教寺院があった。

寝ている犬の横に食べ物が置かれている。
そりゃ野良犬減りませんわ。。。

シュエダゴォン・パゴダ通りを北に進む。

大きな教会があった。イギリスの植民地だった時代があったからキリスト教徒もそれなりにいるのでしょう。

シュエダゴォン・パヤー見えた!

シュエダゴォン・パヤー

徒歩40分ほどかかった。

入り口からして立派。

招き猫売ってら。

チケット購入。1万チャット。
高くねーか?バゴーでは4カ所入れるチケットが1万チャットだったぜ。

パンフレットくれた。

おぉー!やっぱりスゲー!!
同じような建物を連日見ているんだけど、不思議と飽きないんだよな~

雨の日でも熱心だこと。
この熱量を仕事に向けたら少しは経済良くなるんじゃないかと思うんだけど、それは違うんだろうね。

尼さんいた。

仏塔の高さは昨日行った、バゴーのシュエモード―・パヤーの方が高いんだけど、周りは明らかにこちら方が立派だ。

↑マハ―ボディー寺院。
インドのブッダガヤにある寺院を模して建てられたものらしい。
おいらはブッダガヤまで行って、体調不良で観光出来なかったからこれで満足しよう。

ATMや両替所が何カ所かあった。
手持ちの金なかったらお金降ろして寄付してねってことなのかな?

↑掃除する人たち

シュエダゴォン・パヤーを出た。
ヤンゴン来たら絶対に行っておかないといけない場所だからとりあえず安心。

広告

チャウッターヂー・パヤーへ

続いて、チャウッターヂー・パヤーに向かう。

ミャンマーは本当に露店がそこら中にある。

お坊さん。

ミャンマーの国民食「モヒンガー」

ホテルで朝食食べるんだけど、ミャンマーの国民食「モヒンガー」を食べてみたかったので比較的きれいで繁盛しているレストランに入った。

モヒンガー注文。
一杯50円ほど。
ナマズで出汁を取るらしいけど、魚の風味は全然なかった。
味はまずまず、上にのっている揚げたパン?がサクサクして美味しかった。

広告

チャウッターヂー・パヤー

チャウッターヂー・パヤー到着。

中に入ると人がたくさんいた。
何かイベントがあるようだ。

階段を上がって寝仏に会いに行く。

まつ毛バサバサ。

見られてる感半端ないw
バゴーのシュエターリャウン寝仏と大きさはほぼ同じだが、顔の造形はこちらの方が凝っている。

足の裏には黄金の仏教宇宙観図が描かれている。

寝仏の前でお経を読む人々

ここにもネコ様がたくさんいらっしゃいました。

おいらは日本では犬派だけど、海外ではネコ派だ。
海外の犬は狂犬病が怖いからだけど。

帰りは歩いて帰る時間も体力もないのでタクシーを拾った。
スーレーまで3000チャット。

ホテルで朝食

ホテル帰りました。

10時前朝食を食べた。
昨日と変わらず、目玉焼きとトースト。

朝食を食べていると横に座っていたチュラという名前のスリランカ人に話しかけられた。
彼はセイロンティーの栽培方法をミャンマー人に教えるためにヤンゴンに滞在しているとのこと。 彼の会社はキリンと取引があって、日本に何度も来たことがあるらしい。
さらに旅行会社もやっているとかで、スリランカに来るときは連絡してくれと名刺をもらった。

広告

ボーヂョーアウンサン・マーケット

ホテルをチェックアウトしたけど、荷物は置かせてくれたので、お土産を買いにボーヂョーアウンサン・マーケットにやって来た。

1階。宝石屋が多い。

2階へ。

2階は布や服を売っている店が多い。

全然人いない。。。

ミシンで服を作っている作業場。

1階でマグネット発見。

ヤンゴンのマグネットとバゴーのマグネット購入。

あとTシャツを2枚買った。
満足したのでボーヂョーアウンサン・マーケットを後にする。

南インド料理

お昼過ぎ、インド人街歩いていると無性にインドカレー食べたくなったので入店。

店内の様子。

英語のメニューあり。
プリ―とエビカレーを注文。

エビカレー。初めて食べたけど美味しかった。

広告

スーレースクエア

続いて、食品系のお土産を買いにスーレースクエアというショッピングモールに入った。入る前に手荷物検査あり。

とりあえず、散策。
ミャンマーと思えないくらいキレイで、ハイブランドのお店がたくさんある。

最近、行く国のほどんどでメイソウ(MINISO)見るから嫌いになってきたわw

地下にあるスーパー「マーケットプレイス」へ。

ヤンゴンの成城石井といった感じ。

日本の食品もある程度揃いそう。

↑かっぱえびせんに酷似したスナック菓子。

マハバンドゥーラ公園

↑独立記念碑
まだ時間があるので、マハバンドゥーラ公園を散歩する。

↑市庁舎

↑最高裁判所

↑旧ベンガル銀行

↑ホテルのマネージャー
ホテルに戻り、荷物を取って出る時にエポートバスのバス停の場所を聞いたら、なんとわざわざバス停まで連れて行ってくれた。
スーレーサファイアイン、安いのにスタッフがとても親切でおすすめです!

教えられた場所でバスを待つ。

5分ほどで行先にエアポートと表示された空港行のバスがやって来た。

ヤンゴン国際空港

1時間くらいで空港到着。
交通状況によっては2時間以上かかることもあるらしいので時間に余裕をもって移動した方がいいです。

べトジェット、チェックイン完了。
ハノイ経由で成田に行く便だ。

フードコートあった。

出発まで2時間あるので、売店でビール2本買って休憩。

スーパーで買ったお菓子をつまみで食べます。

パッケージ通りケチャップに付けて食べるようだ。
ケチャップ付けるのが面倒くさくなって途中からそのまま食べたけど。

18時50分、搭乗。
ハノイまでは約2時間のフライト。

ノイバイ空港

現地時間21時20分、ハノイのノイバイ空港到着。

チェックイン。
べトジェットは国際線でもオンラインチェックインできるようにしてほしいぜ。

8月12日、0時30分搭乗。
ハノイから成田は5時間30分のフライト。

帰国

無事、日本帰国しました。

ぼったくりに遭ってしまったのは残念だったけど、久々にバックパッカー的な泥臭い旅が出来てミャンマーとても気に入りました。
今度はバガンとマンダレーに行ってみたいな。

以上でミャンマー旅行記は終了です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

広告

-ミャンマー, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.