アルメニア 海外旅行

2019/9/21 エレヴァン市内と近郊を観光します エチミアジン、ズヴァルトノツとか

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

観光最終日

観光最終日、9時30分にホテルをチェックアウト。
10時30分に共和国広場でTさんと待ち合わせして、今日も一緒に観光することにしている。

地下鉄までの道。
ここなんか日本ですって言われても分からなそう。

↑地下鉄、マルシャン・バグラミャン駅

共和国広場

共和国広場で、Tさんと合流した。

最終日は共和国広場から徒歩数分の「Best Hostel Republic Square」に宿泊する。1泊、875円。
泊まると言っても明日、6時20分の飛行機で帰るので、仮眠程度だけど。
まだチェックインには早いので荷物だけ預かってもらった。

共和国広場でタクシーを拾って、エチミアジンという世界遺産に行くマルシュルートが出ている中央バスターミナルに行く。

広告

中央バスターミナル

運転手がバスターミナルはここだというので降りた。
実際にはここではなく、通りを挟んだ向かいだった。

朝食にピロシキ買った。100ドラム(≒22円)。
ロシアのピロシキって焼くんだけど、他の国では揚げてあることが多いように思う。

きれいで大きな珍しいタイプのマルシュルートカで移動する。

↑車内
室内は冷房が入っていないので暑かった。

エチミアジン

40分ほどでエチミアジン到着。

広っ!
宝物庫以外の入場は無料。

↑エチミアジンの入り口まで連れてきてくれたローザさん

アルメニアはジョージアより地元民(客引きでない)が声を掛けてくれる割合が高い。
おいらは地元民との交流が旅の醍醐味だと思っているので、コーカサス3国の中ではアルメニアが一番好きだ。

新しそうな建物。
これも教会らしい。

↑教会内部

↑天井

こっちが正式な入り口みたいね。

エチミアジン大聖堂見えた!
確実に修復工事してんなこれ。。。

2000年に世界遺産に登録されている。

↑聖堂の前のオブジェ

修復作業中?ということで聖堂の中には入れなかった。
残念だけど、世界遺産あるあるだからしょうがない。

宝物庫に入るにはチケットが必要なので、土産屋で購入。
ガイドなしの安いチケットを買った。1500ドラム。

宝物庫は大聖堂から少し歩く。

↑宝物庫

キリストの脇腹を刺した槍先(いわゆるロンギヌスの槍)やノアの箱舟の破片が展示されているとのこと。

入館。

キリスト教関連の展示がほとんど。

ロンギヌスの槍発見
人だかりが出来ていたのですぐに分かった。
昔はもっと槍先尖っていたのかな??
おいらだったらこんな丸みを帯びだ槍で刺されるのはごめんだ。

↑ノアの箱舟の破片

土産屋でマイルールのマグネットを買った。

エチミアジン観光終了。
続いてローカルバスで同じく世界遺産のズヴァルトノツに向かう。
200ドラム(≒45円)
ズヴァルトノツに行く途中にリプシメ教会があるんだけど、Tさんと話して、もう教会は十分だね、となったのでパス。

孫とおばあちゃん。

広告

ズヴァルトノツ

ズヴァルトノツ到着。
チケット売り場。

入場料1300ドラム。300円くらい。
物価の安い所にくると300円でも高いと感じてしまった。

↑派手な服を着たアルメニア女

結婚式の後かな?

入場する前に疲れたので、スプライトとアイスを買って休憩。

(゚д゚)ウマー

↑アイス、20円くらい。

(゚д゚)ウマー and (゚д゚)ヤスー

入場。
遺跡にたどり着くまで長い道のりかつ、日陰もない。

ズヴァルトノツ見えて来た。

やっと到着。

世界遺産です

遺跡の形からして、神殿でも建っていたのかと思っていたら、高さ45メートルの円形3階建ての壮大な教会が建てられていたらしい。
10世紀の地震でぶっ壊れて、復元せずにそのままの状態。

結婚式用の写真でも撮っているのか?

アルメニア人はとびっきり美人だとガイドブックに書いているんだけど、おいらにはジョージア人とアゼルバイジャン人の区別がつかないっす。美人であることには間違いないけどね。

このでかい岩のようなものは、何だったんだろうか??

遺跡のそばにある、小さな博物館へ。

冷房効いてて涼しいから無駄に長居した。

↑教会の再現モデル

これなんで木で造っちゃったんだろ??
実際は石とかなんでしょ、イメージ全然違ってくると思うんだけどな。。。

遺跡が基礎と入り口しか残っていなくて、あの大きさということは、この教会がいかに大きかったか分かる。
これを643年~652年に造ったんだからすごいわ。

ワイン貯蔵所跡なんかもあったらしいです。

またおんぼろバスに乗って、エレバン市内に戻ります。

自由広場

自由広場で降りた。

↑オペラ・バレエ劇場

そういえば、ジョージアからエレバンに来る列車で話した日本人の女の子が今日9/21はエレバンの独立記念日だと言っていた。
顔にアルメニアの国旗をペイントしている人が多い所を見ると本当のようだ。
今回も旅運あるね。

広告

アララト山が見える展望台とカスカード

自由広場からすぐ近く、エレバン市内から望むアララト山を見るために来ました。
ちなみにカスカードというのは、連なった小さな滝(人工的)のことらしい。

エスカレーターがあるらしいのだが、どこか分からなかったので、警備員?の男性に聞くと今日は動いていないらしい。

なんじゃそれ!! ホンマ、そんなん多いわ。。。
おいらは歩いて登れるからいいけど、足が悪い人はどうすんのかね?
タクシーに乗って展望台まで行けってか??
そういうところが3流なんだよね。。。

休み休み登る。

↑水をかけあって遊ぶアルメニアンギャル

一番上まで登った。もしかしたらあそこに見えるのが展望台かもしれないが、疲れて、そこまで行く余力が残っていないので諦めた。

そもそも、アララト山見えないし。
肉眼では少し見えているんだけどね。

疲れたのでレストランに入って休憩する。

↑アルメニアビール
銘柄書いていなかったけど、昨日飲んだKILIKIAに味が近い。

↑マルゲリータ

アルメニアのピザのレベルは低いと分かった。
マルゲリータなのに緑が足りなくて、イタリアの国旗の色「赤・白・緑」になってない。あと、ケチャップ付いてくるし。。。

独立記念日のパレード

ご飯食べていると、大きな音がしたので、通りに出てみると独立記念日のパレードやっていた。

9/21はアルメニアがソビエト連邦から独立した日だ。

↑ニコニコのおっちゃん

広告

Best Hostel Republic Square

Tさんと別れて宿に戻って来た。
毎日、21時から共和国広場で行われている噴水ショーを見に行くので、それまで宿で休憩する。
昨日と違って中心地に近くて便利だわー

シャワー浴びた。
ビニールシートで遮られただけのシャワー室が3,4個ある。

噴水ショー

20時50分、共和国広場に来てみました。
ライトアップされていてキレイ✨

噴水ショーが始まるのを待つ人々。

毎晩やっているけど、今日は土曜日なので、いつもより人が多いのだろう。

噴水ショー始まり。
想像の3倍くらいすごい!!
音楽に合わせて変化する光と噴水✨

Tさんが言うには、ドバイとラスベガスで見た噴水ショーの次にすごいらしいです。

↑ 亞美尼亞的愛国美少女

大きなアルメニア歴史博物館の2/3くらいの高さまで噴水が上がっている。

22時、噴水ショーはまだ続いているけど、おいらは明日早いのでスーパーに寄って帰る。

共和国広場から近い24時間スーパー。

ウォッカとか

キッコーマン頑張ってるね。

タタールのお菓子、チャクチャクとクロワッサン買った。

Tさんが空港行のタクシーを呼んでくれるというので、明日の2時30分にTさ んのホテルの前で待ち合わせする。それまで仮眠を取ろう。

次回は帰国編です。
エレバン⇒モスクワ⇒アブダビ⇒成田と乗り継ぎ2回、24時間かけて日本に帰ります。いや~今回の旅もホント楽しかった。。。

広告

-アルメニア, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.