海外旅行 雑記

仁川空港で自己乗り継ぎに失敗した話

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

タイトルの通り、仁川空港でハノイ行きの便の乗り継ぎに失敗しました。。。

航空券はスカイスキャナー経由で、Kiwi.comという代理店で購入しました。
自己乗り継ぎ航空券であることを確認せずに購入したおいらが悪いのですが、それにしてもこんな乗り継ぎ時間短いチケット売るかねヽ(`Д´)ノプンプン という感じだったので記事にします。

自己乗り継ぎ航空券とは

『自己乗り継ぎ』という言葉はスカイスキャナーの用語のようで、一般的には『別切り航空券』と呼ばれています。

スカイスキャナーの説明↓
自己乗り継ぎ航空券については、乗り継ぎ便にチェックインする前に、乗り継ぎ国の保安ゲート、税関、および入国審査を通過する必要もあるため、ビザまたは通過ビザが必要となる場合もあります。

普通の航空券であれば、セキュリティチェックを通過して搭乗ゲートに移動すればいいだけですが、自己乗り継ぎの場合、一度入国しなければならないため空港到着後このような流れになります↓
入国審査→荷物受取→税関→必要に応じてターミナル移動→チェックイン→セキュリティチェック→出国審査→必要に応じてターミナル移動

飛行機が遅れることも考慮すると最低3時間以上は乗り継ぎ時間が必要ですよね。いやもっとかも。
で、おいらのスケジュールはというと・・・

フライトスケジュール

乗り継ぎ時間2時間!
しかも、べトジェットのチェックインは出発の50分前で締め切られるので、実質1時間程度なんですよ!
※オンラインチェックインできないチケットでした。

しかし、自己乗り継ぎとしっかり書かれてますね。。。(-_-;)
気づけよオレ!!

おいらが乗り継ぎに失敗した状況はこんな感じです↓

広告

仁川国際空港

4時30分、仁川国際空港到着。
おいらが乗るハノイ行きの便は、6時25分発だ。

普通に乗り継ぎできるものと思っているおいらは、そのままセキュリティチェックの列に並んだ。
しばらくして、乗り継ぎ便のチケットをもらっていないことに気付く。
スマホでeチケットを確認すると自己乗り継ぎと書かれているではありませんか!
血の気引いた・・・

係員に聞くと、入国は第一ターミナルとのこと。
今いるコンコースから急い移動する。

第一ターミナルに到着すると、入国審査には長蛇の列が・・・

入国審査を終え、走ってチェックインカウンターに向かったが、チェックイン時間を10分オーバー。
そこにHanoiの文字はなく。。。乗り継ぎ失敗となりました。
飛行機が遅延したわけでもないので、保証も受けられず。

あらためて、ハノイ行きの航空券を予約しなおしましたとさ (´;ω;`)ウゥゥ

自己乗り継ぎ航空券の購入は慎重に!

kiwi.comのように乗り換え成功率50パーセントのような航空券を平気で販売しているオンライン旅行代理店があるということです。
自己乗り継ぎ航空券を購入する際は十分お気をつけください。
個人的には自己乗り継ぎ航空券は購入しないほうが良いと思います。
おいらは、行先がベトナムなので5千円弱でチケットを取りなおせたけど、行先によっては、以降の高額の航空券がパーになることもあります。

以上、自己乗り継ぎ航空券で乗り継ぎに失敗した話でした。

広告

-海外旅行, 雑記

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.