昭和レトロ自販機 神奈川 雑記

2021/2/19 中古タイヤ市場相模原店レトロ自販機コーナー訪問

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

kossy昭和スポット研究所というYouTubeチャンネルを見ていて、懐かしの昭和レトロ自販機飯が食べたくなり、自宅から一番近い中古タイヤ市場相模原店に行くことにしました。
おいらはフード系自販機ってサービスエリアで昔見かけたことがあるかなくらいの記憶なんだけど、なぜか懐かしく感じて惹かれるのよね。

番田駅⇒中古タイヤ市場相模原店

おそらく最寄り駅の番田駅から中古タイヤ市場相模原店に徒歩で向かう。

駅からは30分ほどかかるが、在宅勤務で運動不足のおいらにはちょうどいい。
車がない人は普通にバスを利用する方がいいと思います。

住宅街を抜けると、のどかな風景が広がる。天気がよくて気持ちいいっす。

廃墟萌え♥

坂道を登る。
歩いている人なんて見かけやしない。
そもそも徒歩で行くような場所じゃないのだろう。

来来亭というラーメン屋。朝から何も食べていないので入りたくなる気持ちを抑えて通過。おいらはこれから自販機ラーメンを食べるのだ!!

中古タイヤ市場相模原店

中古タイヤ市場相模原店到着。
3時過ぎだけど、それなりに人がいる。
店に入らず、人に会わずにごはんが食べれる。ある意味コロナ禍にピッタリなのかもしれない。

本職の中古タイヤ市場は自販機の裏にあった。

広告

自販機一列目

とりあえず、ざっとどんな自販機があるか見て回ることにしましょう。

修理中の自販機。
YouTubeで見たことのある中古タイヤ一市場の社長、斉藤さんがいて少しテンション上がった↗

中の構造、複雑そう。

おみくじがあるので、一角が神社みたいになっている 笑

述べ90台以上の自販機があるらしく、ひとつひとつ載せられないので動画にしました。

自販機二列目

表だけでなく、奥にも自販機がずらっと並んでいます。
水はけ悪いので足元注意!

そろそろ何か食べようと思ったけど、ほとんどの自販機が千円札どころか五百円玉にも対応していない。。。
両替機らしきものも見当たらないので、ジュース買ってお金を崩すことに。
レトロなデザインのミックスジュース購入。500円、高っ!

千成屋珈琲は1948年創業のミックスジュース発祥の店らしいです。
高いだけあって、濃厚なお味で大変おいしゅうございました。

広告

うどんそば自販機

お目当てのうどんそば自販機は天ぷらうどん、天ぷらそばとも売り切れでした。残念。
もっと早くくればよかったな。

ラーメン自販機

うどんそば自販機横のラーメン自販機。ラーメンは売り切れだったけど、チャーシューメンはあったので購入。400円。

ニキシー管の温かいカウントが始まる。

チャーシューメン出てきました♪

肉厚なチャーシューが5枚ものっていて、これは贅沢だ~(kossyナレーション風)
胡椒をかけていただきます!
チャーシューは柔らかくて美味しかったけど、スープはやや薄かったかな。

食べ終わった器はきちんと返しましょう。

おでん缶

また百円玉なくなったので、両替がてらおでん缶を買いました。280円。
秋葉原で有名なのは知っていたけど、おいらは食べたことありません。

家に持ち帰って食べました。
思っていたより具材多いし、カツオの出汁が効いていて美味しかったです。

広告

トーストサンド自販機

続いてトーストサンドを食べます。
ハムチーズトーストとコーンビーフトーストがあったので、コーンビーフトーストを選択。300円。

トースト中のランプ点灯。wktk。

熱々!
写真見て気がついた、トングあったんだと。。。

開封!
しっかり焼き目がついている。

中はこんな感じ。
胡椒が効いていてうまい!

きつねそば自販機

うどんそば自販機が売り切れていたが、諦めきれないのでこちらの自販機できつねそばを食べます。300円。

わずか27秒で出来上がり。

大きなお揚げが2枚ものっていて、これは美味しそうだ~(kossyナレーション風)

お揚げの下にかまぼこが隠れていました。
お揚げの出汁がスープに染みて美味しかったです。

両替兼ごっくん馬路村。

広告

ハンバーガー自販機

お腹いっぱいだけど最後にハンバーガーを家で食べる用に買います。
280円。

このレトロなパッケージたまりません。

合計2,170円も使ってしましました。。。帰りましょう。

ハンバーガーを食す

帰宅してお腹減ったので、ハンバーガーを食べます。

賞味期限がまだ半年近く持ちますね。
非常食レベルの長さ、食べるの少し怖いです。。。

開封。ギュウギュウに詰まっています。

しわしわ。
すぐに食べなかったからか上のバンズが少し硬くなっていました。

パテにケチャップとマスタード、少しの玉ねぎ。
ハンバーガーと定義できる最低限の具材です。

味は決してまずくないが、美味しくもない。
ひと昔前にスーパーで売っていたハンバーガーと味が似ている。

自販機フードは味ではなくロマンを求めるものなのでしょう。
昭和の世界観ハマりそうです。レトロ自販機巡りしてみようかな。

広告

-昭和レトロ自販機, 神奈川, 雑記
-, ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.