昭和レトロ自販機 長野

2021/7/22 レトロ自販機巡り旅(長野・新潟) 長野県信濃町『そば処ふじさと』

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

長野・新潟レトロ自販機巡り旅

2021/7/22~24で長野、新潟のレトロ自販機コーナー計4カ所(そば処ふじさと→公楽園ポピーとよさかペガサス24H)を巡る長野県信濃町から新潟県村上市への約250キロの旅です。移動手段は電車とバスと徒歩。

この記事は旅の第一弾、そば処ふじさと編です。

長野駅⇒古間駅(しなの鉄道北しなの線)

北しなの線で長野駅から古間駅に移動します。
切符580円。

広告

古間駅⇒そば処ふじさと(徒歩)

13時30分、古間駅到着。

駅前の通り。
ある程度は調べてきていますが、ここまで田舎と思っていませんでした。。。

古間駅からそば処ふじさとへは徒歩40分の距離。

気温32度💦
バチバチに暑いですが、風があるので日陰に入ると涼しいです。
熱中症に気を付けて、休憩しながら移動します。

この風景は感動もの。
山の田舎はレべチですわ。

しばらく峠を登ります。

杉かな?

峠を越えると集落があった。

こんなんジブリの世界やん!

国道18号に出ました。
左折して南に5分ほど進みます。

そば処ふじさと

そば処ふじさとの看板が見えました!

14時10分、そば処ふじさと到着。
そば処ふじさとは、長野で唯一のレトロ自販機スポットです。

お店は営業中ですが、おいらはもちろん自販機飯をいただきます。

広告

富士電機製 麺類自販機

外に設置されているので、筐体が傷んでいます。

天ぷらうどん ¥250
天ぷらそば  ¥250

めちゃ安っ!!

実食

長野なので、まずはおそばをいただいてみようと思います。
ボタンを押して、ニキシー管の温かいカウントを25秒待ちます。

天ぷらそば

気持ちそばの色が濃い気がする。
玉ねぎと小エビが入ったかき揚げがのっています。
容器は発砲スチロールでした。

蕎麦屋の横なので味に期待していましたが、他店の麺類自販機と特に変わりはないかな。
汗をかいた体に出汁が染みます。

抹茶ラテを買って、両替。
続いて、天ぷらうどんをいただきます。

天ぷらうどん

平打ち麺です。
出汁はそばと同じと思います。

20分ほどの滞在でしたが、うどんそば自販機目当てのお客さんが次々と訪れていました。

それでは、古間駅に戻ります。
遠くに妙高山が見えました。

広告

旧戸草トンネル

行きには気づかなかった、旧草津トンネルの看板が駅前にありました。
長野県最古の鉄道用トンネルですか、電車まで時間あるので寄ってみることにします。

線路沿いを南に5分ほど歩くと

不気味なトンネルが現れました。

中はひんやりとしています。
異世界にぶっ飛ばされそうで怖いので、途中で引き返しました。

古間駅⇒妙高高原駅(北しなの線)

長岡駅近くのホテルを予約しているので、妙高高原駅と直江津駅を経由して長岡に向かいます。

妙高高原駅までの切符300円。

15時38分、電車きました。

広告

妙高高原駅⇒直江津駅(えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン)

15時52分、妙高高原駅到着。
当駅で妙高はねうまラインに乗り換えます。直江津駅までは、900円。

のどかな車窓。最&高

直江津駅

50分の乗り換え時間があるので、直江津駅周辺を少し散策します。

駅前の銅像×コカ・コーラ

駅前商店街
さびれた雰囲気ですが、それが良い

暑いので、大して散策せずに駅に戻りました。

直江津駅⇒長岡駅(JR信越本線)

17時41分、乗車。
長岡駅まで、1342円。ICカード使えました。

海沿いを走るので、こんな感じで写真撮っている人が多くいました。

長岡駅

19時8分、長岡駅到着。

新潟第二の都市なので立派な駅です。
長岡に来るのは6年ぶりかな。

長岡ターミナルホテル

本日、宿泊する長岡ターミナルホテルは駅のすぐそばにあります。

↑ホテルの情報はこちらをご覧ください。

明日は新潟県内2か所のレトロ自販機スポット、公楽園とポピーとよさかを巡ります!

↓次の記事へ(公楽園)

広告

-昭和レトロ自販機, 長野
-

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.