中国 島根 昭和レトロ自販機

2022/3/16 島根レトロ自販機巡り旅 益田市『うどん処ごとう』 麺類自販機1台稼働、デラックスうどんを食す!

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

島根レトロ自販機巡り旅

2022/3/13~17で島根のレトロ自販機コーナー計9カ所(コインレストラン コウランコインレストラン かわもとドライブイン 日本海自販機のお店 風花後藤商店自販機コーナー オアシス⇒うどん処ごとう⇒道の駅 シルクウェイにちはらふるさと村 大谷屋)を巡る、島根県を東西に横断する約200キロの旅です。移動手段は電車とバスと徒歩。

この記事は旅の第七弾、うどん処ごとう編です。

自販機コーナー オアシス⇒うどん処ごとう(徒歩)

自販機コーナーオアシスから本日3カ所目のレトロ自販機スポット『うどん処ごとう』に移動する。

うどん処ごとうへは徒歩10分。

1キロ圏内に麵類自販機が6台稼働している安富町は、麺類自販機の聖地と言っても過言ではなかろう。

国道187号を南に進む。

さすがに短時間で2杯うどんを食べたのでお腹いっぱだ。雄大な高瀬川を眺めながら少し休憩。

広告

うどん処ごとう

12時、うどん処ごとう到着。

後藤商店の支店である。
うどん屋は営業しておらず、自販機のみの販売のようだ。

富士電機製 麺類自販機

外に設置されているため痛みが激しいが、それが味になっている。

後藤商店オアシスにくらべて空いているので、混んでいたらこちらに来るのもよさそう。

肉うどん     ¥350
デラックスうどん ¥350

広告

実食

名前が気になるデラックスうどん をいただこう。

デラックスうどん ¥350

カウンターは動いていないようだ。

出来上がり!

麺類自販機よ永遠に!

大きなお揚げがのっている。これは確かにデラックス

他には、かまぼこ柚子の皮

そして、とろろ昆布


ヘ⌒ヽフ
(,,・ω・)
(つ=||||____
('⌒)\_/

ズルズル ズズズ

が甘辛い味付けで美味い。揚げを噛んだら甘い汁があふれ出した。

こりゃ、うまさもデラックスや~~

 

YouTube動画

↑動画もあるので、よければご覧ください。

 

広告

うどん処ごとう⇒石見横田駅(徒歩)

1時間で3杯うどんを食べたのでお腹いっぱい ゲップ(*´3`)-з

次の目的地「道の駅シルクウェイにちはら」には、さすがに歩いて行けないので電車に乗る。駅に向おう。

DO★INAKA★

現金が底をつきかけているので、郵便局によってお金をおろした。

一級河川、匹見川

水がヤバいくらいにキレイだ。

石見横田駅

13時、石見横田駅到着。

とても歴史を感じる駅舎だ。

次の新山口行の電車は16時28分。

まさかの3時間半待ち、田舎恐るべし。。。

まあ急ぐことはない。動画編集したりしながら、のんびり待ちましょう。

 

次の記事へ↓

広告

-中国, 島根, 昭和レトロ自販機
-

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.