四国 徳島

2022/4/4-5 オーシャン東九フェリー 最安の相部屋で18時間の船旅してみた(東京⇒徳島)

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

オーシャン東九フェリー

オーシャン東九フェリーは、東京港(東京港フェリーターミナル) - 徳島港(沖洲フェリーターミナル) - 新門司港を結ぶフェリーです。
東京港発、徳島港行のチケットを出発の5日前にホームページから購入しました。

最安相部屋(2等洋室)¥13,830で行く18時間の船旅の始まりです。

 

東京ビッグサイト駅⇒東京港(徒歩)

18時10分、東京ビッグサイト駅到着。

バスがありますが、おいらは歩きます。

↑東京ビッグサイト

↑お台場方面

キラキラしとりますわ・・・

バチバチに雨が降っている。
水たまり踏んで靴の中びちょびちょ。テンションだだ下がり。。。

船内で買うご飯は高いと思ったので、途中コンビニに寄って晩御飯を調達。

広告

東京港(東京湾フェリーターミナル)

18時40分、東京港フェリーターミナル到着。

3階 出発口。

広い待合室だ。

※2階で予約したチケット発券する必要がります。おいらは知らずに優雅にくつろいでたら電話がかかってきました

珍しいタワー型のカップヌードル自販機あり。

フェリーどうご

こちらが今日と明日お世話になるフェリーどうごさん

オーシャン東九フェリーは4船(りつりん どうご びざん しまんと)運行されており、それぞれ四国各4県をイメージした内装となっている。

19時、乗船。

とりあえず、荷物を部屋に置きに行こう。

2016年に就航した新しい船なのでとてもキレイだ。

広告

最安の相部屋(二等洋室)

B25 おいらの部屋見っけ!

2段ベッドの相部屋。

月曜日ということもあり、部屋にはおいらを含めて2,3人しかいなかったように思う。

上の段のベッドだった。

ベッド周りを見ていこう。

小さいライトコンセント1口。

 シーツ 掛け布団 毛布

ハンガー1つ 枕元には小さながある

身長190センチくらいまでだったら足を曲げずに寝られると思う。

船内設備

出発までまだ時間があるので、船内散策といこう。

オーシャンプラザ

船内にレストランがないので、皆いそいそと自販機で飯や酒を買っている。

冷凍のおつまみやごはんを自販機で買って、レンチンするスタイル。

やっぱり船内価格、高いな。

カップヌードル自販機は140円でなぜか、待合室に設置されているものより安いが。

やきとり4本で900円て・・・料亭かよ。

酒の自販機は2台あった。

売店

インフォメーションセンター兼売店

グッズやお土産が売られている。

いいお値段しますな。

ゲームコーナー

フェリーのゲームコーナーで遊んでる人見たことないが、設置義務でもあるのだろうか。

リラクゼーションルーム

セクハラダメみたいなビデオがずっと流れていた。

アメニティが買える自販機があった。

フォワードロビー

夜はカーテンが開けられないので、また明日見に来こよう。

コインランドリー

ロッカー

トイレ

キレイ過ぎて、船にいること忘れる。

浴室

シャワールーム

大浴場

シャンプー、リンス、ボディソープは置かれている。

景色見たいから、朝入るとしよう。

 

広告

出航

展望デッキ

そうこうしていると、19時30分になり出発の合図が。

雨が降っているが展望デッキに出てみよう。

そりゃ、だれもいないわな。

東京ゲートブリッジが見えてきた。

下を通過するのか!

うおぉぉぉぉぉ!! かっけー!!

これは雨が降っていても展望デッキに出て見るべき!

さて、晩飯にしますかね。

船で飲むビールうま。

しばらくすると携帯の電波が入らなくなった。

本を持ってきているが、読む気になれない。21時、少し早いが寝るとしよう。

深夜の船内散歩

24時に目が覚めた。

眠れないので、船内を散歩するか。

深夜のオーシャンプラザ

ひとっこひとりいない。聞こえるのは船のエンジン音とかすかな波の音のみ。
なぜか落ち着く。

ディスプレイに航路と現在地が表示されている。

伊豆半島を通過しているようだ。

夜間は展望デッキへは出れない。

無料の温かいお茶を飲んで、自室に戻って再び寝た。

広告

4/5 朝 快晴

朝8時、起床。

展望デッキへ ワク(((o(*゚∀゚*)o)))ワク

展望デッキからの眺め

雲一つない

快晴

 

目の前には・・・

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

水平線!!

これだよこれ! これを待っていたんだよ!!

 

フォワードロビー

カーテンが開いている。

船首の眺め。

景色を見ながらの朝食。タンパク質重視。

朝風呂

こんな景色見ながら風呂に入れるの、贅沢過ぎ!

船の揺れでお湯が波打つので、景色も相まって海に入っているみたいな感じがした。

 

9時、本州最南端を通過。

見えているのは串本町 たぶん。

12時、ベッドで横になってくつろいでいるとアナウンスが・・・姉妹船のしまんととすれ違うとな。

急いで展望デッキへ!

しまんとさん、いつもこんごうがお世話になっております <(_ _)> ←いや、あんた誰?

自販機うどんで昼食

300円のちくわ天うどんを購入。

電子レンジで温めた後、付属の汁を入れて出来上がり。

出汁は醤油味が強すぎて好みじゃないが、麺は冷凍なのでコシがあってうまい。
まあこの最高の景色見ながら食べたらなんでも美味しく感じるわな!

 

もうすぐ到着。

最後に展望デッキに出ておこう。

国旗がはためき、トンビが空を旋回している。

船旅も終わりが近い。

徳島で降りる人はロビーに集まるようにアナウンスが。

ここから新門司港まで行く人は、まだ15時間以上乗るんだよな。
うらやましいような、うらやましくないような。

13時、着岸。

車やバイクがある人が先に降りていく。

13時20分、下船。

 

徳島港(沖洲フェリーターミナル)到着

間近で見るとやっぱデカい。

徳島港⇒徳島駅(バス)

徳島港から徳島駅にはバスで移動。

18時間は長いかと思っていたけど、あっという間だった。

楽しい船旅をありがとう どうご

また乗るよ。

 

YouTube動画

↑動画もあるので、よろしければご覧ください。

 

徳島駅

13時45分、徳島駅到着。

徳島は日本で唯一自動改札がない県らしい。
てか、改札自体が小さ過ぎねーか。

徳島ラーメン

せっかくなので、徳島一発目の食事は徳島ラーメンにしようということで、、、

徳島駅からすぐ近くの「徳島ラーメン麺王 徳島駅前本店」に来た。

ごはんも追加。

味の濃いスープが船旅で疲れた体に染みる~
甘辛い肉とごはんが合う~

うまし!

この後は、ホテルでゆっくり休みました。
体が揺れる感覚が続いていて、まだ船に乗っているような感じがする。ちょっと心配。。。

明日から四国レトロ自販機巡り旅の始まり!

 

最初に訪れるレトロ自販機スポットは徳島県阿波市土成町の「コインスナック御所」です↓

広告

-四国, 徳島
-

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.