トルコ 中東 海外旅行

2022/7/12 ガラタ橋を渡って新市街へ、エミノニュ広場でサバサンドを食す

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

エミノニュ埠頭

イスタンブール旧市街を観光しているつづきです。

エミノニュ埠頭に来ました。
こちらからアジア側に行く船が出ています。

イスタンブールで一番高い369メートルの建造物「Camlica TV-Radio Tower」が見えました。

これだけの観光資源がありながら海まである、もはやチートです。
観光地としてのポテンシャルが高すぎます。

ガラタ橋の先には、新市街が広がります。

後ろを見れば、大きなモスクがあります。

 

ガラタ橋

こちらが、旧市街と新市街を結ぶガラタ橋

長さは490メートルです。

コーラ 15トルコリラ ≒ 110円

ガラタ橋を渡る前に、コーラを飲んで元気をつけます。

↑ガラタ橋名物の釣り人

釣り具の貸し出しを行っているようです。

釣り人は、意外と地元民じゃないのかも。

たくさんの船が行き交っています。

エジプトから帰ってきたら、船に乗ってアジア側に行ってみようと思います。

空にはたくさんのカモメさんたち

かもめが翔んだ~♪ かもめが翔んだ~♪

橋を渡って、新市街側に着きました。

ガラタ橋は2階建て構造になっていて、1階にはいい感じのレストランが並んでいます。

12時なんですけど、それほど客はいません。
まあ、良いお値段しますからね。

シーフード系の料理を出している店が多かったです。

↑漢字タトゥーを入れているおばさん

英語に訳すと "Fine & Love"でしょうか、クソダサいです。

↑旧市街の眺め

 

広告

屋台飯「ケスターネ・ケバブ」

橋を渡ってすぐの所に、今朝も見たトウモロコシと栗を売る屋台がありました。

今度は、栗を食べてみましょう!

焼き栗は、トルコ語で「ケスターネ・ケバブ」と言います。
"ケスターネ"が栗という意味です。

ケバブというと肉をイメージしますが、肉・魚・野菜などをローストして調理する料理の総称です。

焼いているものではなく、焼きあがった冷めた栗を袋に詰められました。

25トルコリラ 180円分 購入

ガラタ塔に向かう途中に迫力のあるストリートアートがありました。

右はゴッホですね。

左はダレでしたっけ?
あっダリか!

 

ガラタ塔

ガラタ塔まで歩いてきました。

丘の上にあるので、疲れました。

高さは、67メートルあります。

回り込むと、すごい人!

塔に登る人の列もすごいことになっていたので、見るだけにしておきました。

最上階にはレストランがあるそうです。

休憩がてら、先ほど買った焼き栗を食べました。

見て分かると思いますが、硬くて甘みが少ないです。
天津甘栗の美味さを再認識させてくれる味でした。

 

広告

エミノニュ広場

新市街で特に見たいものはないので、再びガラタ橋を渡って旧市街に戻ってきました。

探していた、サバサンド屋台発見!

 

屋台飯「バルック・エキメッキ(サバサンド)」

サバサンドのお店が2つ並んでいますが、どちらも多くの人で賑わっていました。

たくさんのサバが船の上で焼かれています。

左のお店の方がやや客が多い気がしたので、左のお店で買いました。

サバサンド 45トルコリラ ≒ 330円

トルコ語では、バルック・エキメッキと言います。
バルックは魚、エキメッキはパンです。

つまり、魚パン。なんか不味そうです 笑

御開帳!

しっぽの方の身が挟まれてる、ハズレかも。。。

サバ以外は、生玉ねぎのスライスとレタスのみ。シンプル~

テーブルの上には、レモンと塩が置かれています。

水は、たぶんおいらのです。

フランスパンにサバと生玉ねぎとレタスを挟んだ味です ← そのままやん!

でもソースとかかかってないから、そうとしか言いようがないんですよねー
マヨネーズかけるだけで格段に美味くなると思うんですけど、なんでこうなるかな〜

これなら日本でも100%再現できますよ。
てか、日本のサバの方が脂のってるので、もっと美味しくなると思います。

要するに、1回食べたらもういいやとなる味です。

グダグダ言ってたら、大きな骨に殺られかけました。

みなさまサバサンド食べる際は、骨にお気を付けください。

サバサンド屋台の横ではピクルスを売っていました。

食べてみたかったのですが、この量は食べきれない自信があるので買うのをやめておきました。

おやつと飲み物を買って、帰宿。

ホテル パレス ポイントという旧市街にあるホテルに宿泊しています。

 

広告

夜散歩

3時間くらい宿でダラダラしてから、18時に散歩に出かけました。

エジプシャンバザールの近くの通りです。

人が多すぎて、竹下通りみたいになってます。。。

観光客で賑わう通りの脇では、子供がゴミの中から食べれるものを拾っていたりします。

日本の格差なんて世界に比べりゃ大したことないです。
親が子供にゴミをあさらせたり、物乞いさせるんだから親ガチャハズレどころの話ではありません。

いろいろ問題はありますが、総合すると日本は良い国です。

一応、エジプシャンバザールに来てみましたが、やはり犠牲祭のため休みでした。

 

屋台飯「ドネルケバブ」

ディヴァンヨル通りで、ケバブ屋台を発見。

こちらで、夕食を買いました。

横にある公園でいただくことに。

ビーフケバブ 70トルコリラ ≒ 510円

観光客向けなので、お高め。

伝わりづらいと思いますが、かなり長いです。
30センチくらいはあると思います。

牛肉が肉肉しくて美味いです。

フライドポテトとトマトも入っているので食べ応え抜群でした。

さて、宿に帰りましょう。

広告

帰り道でのいろいろ

道の真ん中で野良犬がへそ天で寝ていました。

野良犬でも野生を忘れるんだから、飼い犬なんて野生を忘れて当然です。

車が邪魔で、トラムが止まっていました。

いや、無理すなって!

クルド人のアリーさんに呼び止められて、絨毯を買わされそうになりましたが、エジプトから帰ってきたらまた来るという嘘をついて逃げ切りました。

トルコは野良猫、野良犬と遊べて楽しいです。

明日は、エジプトに旅立ちます。

 

次の記事へ↓

広告

-トルコ, 中東, 海外旅行
-, , , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.