アジア モンゴル 東アジア 海外旅行

2022/9/9 モンゴル旅始まり 成田空港⇒新ウランバートル空港(MIATモンゴル航空)ウランバートル市内の安宿に泊まります

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

10日間(2022/9/9 ~ 9/18)のモンゴル旅の始まりです。

 

成田空港

13時、成田空港 第二ターミナルにやってきました。

人少ないです。

14時40分発のMIATモンゴル航空の直行便です。往復で88,320円でした。

別切り航空券であれば、もっと安く行けますが、このご時世なので確実性を重視しました。

MIATモンゴル航空は、約3年半ぶりの利用です。
前回は、モンゴル乗り換えで、モスクワに行きました。

 

MIATモンゴル航空

14時30分、搭乗。

国内線のLCCくらいの大きさで、古そうな機体です。
席にモニターもなければ、充電もできませんでした。

頭上にモニターがあり、映画が流されていましたが、液晶が死んでいて何が映っているのか分かりませんでした。。。

通路側の席だったので、窓側席の人が寝ている間に撮影。

↑機内食

チキンを選びました。

トマトソースかつ丼みたいな料理でした。
まぁまぁのお味です。

 

広告

新ウランバートル国際空港

現地時間18時50分、新ウランバートル国際空港到着。

2021年7月4日に開港した新しい空港です。

以前の空港よりは大きくなった気がしますが、小さい空港です。

こちらが、2021年まで使用されていたチンギスハーン国際空港です。
地方のパチンコ店くらいの大きさでした。

ATMで現地通貨を引き出した後、SIMを買いました。

UNITEL 10日間、10ギガ 25,000トゥグリク ≒ 1,100円

店員のお姉さんは、少し日本語を話せました。

準備が整ったので、ウランバートル市内に移動しましょう。

こちらのカウンターで、シャトルバスのチケットを買いました。

ubusチケット 30,000トゥグリク ≒ 1,300円

空港から市内中心部までは、約50キロ離れているので、安いです。

バスという名前ですが、ただのワゴン車でした。

出発時間まで空港内で待ちました。

 

新ウランバートル国際空港 ⇒ ウランバートル市内(ubus)

20時、出発。

おいら含めて乗客は3人で、全員日本人でした。
2人は知り合いではありませんでしたが、同じモンゴル・ビジョン・ツアーという宿に泊まるということでした。

なんか疎外感。。。

市内に入るとエグイ渋滞になりました。

 

広告

ウランバートル

22時、ブルースカイホテルで下車しました。

渋滞の影響で、2時間もかかってしまいました。めっちゃ疲れた。。。

予約している宿に向かいます。

スフバートル広場の近くは、やたら人が多かったです。
音楽もかかっていて、なにかイベントをやっている感じでした。

 

シティ ゲストハウス & ツアー

22時10分、agodaで予約した宿「シティゲストハウス & ツアー」に着きました。

ドミトリー部屋に泊まります。

1泊、朝食付き 7ドル ≒ 1,000円

↑宿の詳細情報はこちらをご覧ください

カーテンがあってプライバシーが守られるのが良いです。
宿で働いているオーナーの娘さんが韓国語を話せるということもあり、宿泊客の8割ほどが韓国人でした。

日本から持ってきたソイジョイを食べて寝ました。

明日は、ウランバートル市内を観光します。

 

次の記事へ↓

 

広告

-アジア, モンゴル, 東アジア, 海外旅行
-, , , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.