アジア モンゴル 東アジア 海外旅行

2022/9/12 ウズベキスタン料理を食べて、モンゴルビールを飲んで、深夜のウランバートルを散歩します

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

ウランバートル

テレルジゲルツアーからウランバートルに戻った続きです。

2時間半ほど宿でゆっくりした後、17時に外出しました。
日本語ペラペラ韓国人のジャンさんに連絡してみたところ近くにいるということなので、一緒に観光することになりました。

しばらくして登場したジャンさん、、、

  なんと金髪になっていました!!

 

昨日、ウランバートルの美容院で染めてもらったのだとか。
カット込みで、五千円ほどかかったそうです。

行動力エグイって!

まず、マリー&マーサという民芸雑貨店に来ました。

スカーフ、バッグ、アクセサリー、ぬいぐるみなどの手工芸品が売られています。
買いたいものがなかったので、すぐに店を出ました。

 

アニメショップ

マリー&マーサの横の店が気になったので入ってみます。

建物の上に、ルフィが立っていますからね。。。

完全なる日本のアニメショップでした。

↑フィギュア

↑コスプレ衣装

こういうのって、許可取ってるのでしょうかね・・・

おいらはアニメに疎いので、そんなにでしたが、ジャンさんはとても楽しんでいる様子でした。

 

広告

ノミンデパート

続いて、2日ぶりにモンゴル最大のデパート、ノミンデパートに来ました。

4階の両替所で、30ドルだけ両替しました。

あとは、日本企業や韓国企業の電化製品を見ながらジャンさんとあーだこーだ話ししたりしました。

 

ウズベキスタン料理

ノミンデパートの横に肉を焼いているテントがあるのを知っていたので、行ってみるとウズベキスタン料理屋でした。

店員さんが気さくで良い感じだったので、こちらで夕食を食べることにしました。

おいらウズベキスタンに行ったことあるのですが、こんなところで再びウズベキスタン料理に出会えるとは思ってもみませんでした。

ジャンさんは、いきなり女性店員にビューティフルと言っていました。
相変わらず軟派な野郎です。。。

プロフ 13,000トゥグリク ≒ 580円
羊肉のシャシリク 15,000トゥグリク ≒ 670円
サモサ 5,000トゥグリク ≒ 220円

合計 約1,500円

日本だと安いですが、モンゴルだとかなり高いですね。
ジャンさんよりおいらの方が年上なので、おごって差し上げました。

サモサはジャンさんにあげたので、分かりませんが、シャシリクはジューシーで美味しかったです。
プロフは、まぁまぁでした。

 

広告

グランド・ハーン・アイリッシュパブ

夕食後、地球の歩き方にも載っているグランド・ハーン・アイリッシュパブでビールを飲むことに。

ウランバートルにはパブがたくさんあります。
他に飲み屋って感じの店が見当たらないので、酒を飲む=パブなのかもしれません。

大型のパブです。

外国人の客が多そうでした。

↑後ろの席に座っていた、韓国人女性に話しかけるジャンさん

こいつ、ホンマ。。。
日本だったら絶対、仲良くなってないわ(笑)

最初は、モンゴルのビール「アルタンゴビ」で乾杯

苦みはありますが、後味はさっぱりしています。コクはない感じ。

つまみに、フライドポテトをたのみました。

塩がしっかりかかっていて、美味しかったです。

2杯目は、ギネスビールにしました。

アイリッシュパブに来たら、ギネスは飲んでおかないとね。

ジャンさんは、よく分からないカクテルを飲んでいました。

24時で閉店ということで、店を出ました。

2人で、73,800トゥグリク ≒ 3,300円でした。

お酒4杯とフライドポテトでこの値段はなかなかですね。
一般モンゴルピーポーは入れないでしょう。

 

深夜のウランバートル散歩

↑ライトアップされたスフバートル広場

深夜のウランバートルを少し散歩します。

遅い時間ですが、他にも歩いている人がチラホラいます。

↑スフバートル像

↑チンギスはん

スフバートル広場の近くには、社会主義!って感じの立派な建物が立っています。

24時を過ぎていますが、電気がついているオフィスがあります。

ウランバートルにもブラック企業が存在するのでしょうか。

ジャンさんが、マクドナルドの店員のモニュメントだろうと言っていました。
マックの店員が、こんな感じでお辞儀するからだそうです。

笑ってあげた方が良かったのでしょうか。。。

24時間やっているコンビニに入りました。

日本の飲み物が売っていました。

↑親子丼

水とヨーグルトを買いました。

5,050トゥグリク ≒ 230円

無駄に日本大使館まで歩きました。

1時を過ぎました。

明日11時のバスで、モンゴル帝国の首都であったハラホリン(カラコルム)に行く予定なので、ジャンさんを説得して宿に帰りました。

 

次の記事へ↓

広告

-アジア, モンゴル, 東アジア, 海外旅行
-, , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.