ドイツ ヨーロッパ 海外旅行 西ヨーロッパ

2022/11/19 フランクフルト⇒ミュンヘン(ドイツ鉄道)旧市街を夜散歩、ケバブは貧乏旅行者の味方なり

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

フランクフルト ⇒ ミュンヘン(ドイツ鉄道)

12時50分、乗車。

約3時間かけて、フランクフルトからミュンヘンに移動します。

座席指定していなくても、空いている席があれば座れます。

例えば、75は”---”なので空席、よって座っても大丈夫。
77はFRANKFRUT⇒ASCHAFFENBURGまでの区間を誰かが予約してるので、座っちゃダメよって感じです。

座席指定には4.5ユーロ(≒650円)かかります。
おいらはこの旅でドイツ鉄道に4回乗ったのですが、一度も座席指定しなくて座れました。

事前に空席状況を確認して、かなり埋まっていれば予約するって感じでいいと思います。

しばらく走るとモノクロ撮影したみたいな、白と黒だけの景色になりました。

ミュンヘンて名前はよく聞くけど、実はバイエルンミュンヘン(強いサッカークラブ)くらいしか知らんのよねー。
車内にWi-Fiあるし、予習しておきましょ。

16時、ミュンヘン中央駅到着。

南に来たので、少し暖かくなるかなと思いましたが全然です。。。

 

ミュンヘン

予約している宿まで歩きます。

ジャンキーと浮浪者がいないので、フランクフルトより治安良さそうです。

ピザ自販機を発見しました。
値段は不明です。

スーパーに寄って、おやつを買いました。

 

広告

安宿「a&o Munich Hackerbrucke

16時30分、予約した安宿「a&o Munich Hackerbrucke」にチェックイン。

この建物全てがホステルかは分かりませんが、数百人が泊まれる大規模ホステルです。
部屋数多すぎて、マジで迷う(笑)

ドミトリー 1泊 14.71ユーロ ≒ 2,100円

激安なのですが、リネン代が3.5ユーロ(≒500円)かかります。
シーツを持っていればそれを使ってもいいらしいのですが、そんな人なかなかいないと思うので、実質2,600円ですね。

それでも十分安いんだけど、なんか損した気分。。。

↑宿の詳細はこちらをご覧ください

サワークリーム味のポテチ 1.29ユーロ ≒190円
チョコ
 1.29ユーロ ≒190円
ペプシ缶
 1.19ユーロ ≒170円

おやつを食べて、休憩。

同室には、インド人とウズベキスタン人がいました。

 

夜散歩

19時、夜散歩に出かけました。

麺次郎、大盛況です。
でも、メニュー見たらなんちゃって日本食でした。

↑裁判所

重い判決が出そうです(笑)

 

広告

カールス広場

19時20分、カールス広場に着きました。

カールス門の前にある建物に、めちゃくちゃ人が並んでます。

ホットワインとか買っているようでした。

↑カールス門

この門をくぐると、歩行者天国のノイハウザー通りが伸びています。

 

旧市街

デパートやレストランが軒を連ねるミュンヘンのメインストリートです。

泥臭い旅を基本とするおいらにとっては、このキラキラ感は少しむず痒いです。
ヨーロッパ旅が少ない理由は高いからと、おいらの旅スタイルに合わないと思うからです。

それでも、たまに来たくなるのがヨーロッパ。

↑ミヒャエル教会

こんな感じの教会はマカオにもあった気がするけど、やっぱり周りの街並みとマッチしてるからいいと思うんですよ。アジアの教会って正直浮いてる感ありますから。

もちろんキリスト教徒ではない視点からの話です。

↑バイエルンミュンヘンショップ

ドイツってサッカー有名だから、時間あったらサッカーの試合でも見ようかなーとか思って調べたら、シーズン終わってるどころか、明日からワールドカップ始まるらしい Σ( ºωº )

まぁ、そんなことも知らないくらいサッカー興味ないってことです。

↑フラウエン教会

北の塔は99m、南の塔は100mあります。

 

広告

マリエン広場

新市庁舎のある、マリエン広場まで来ました。

新市庁舎と聞くと新しそうな感じがしますが、1867年~1909年に建てられたネオ・ゴシック様式の建物です。
ドイツ最大の仕掛け時計があることでも有名です。

そうこうしていると雨が降ってきました。
明るい時間にまた来るとして、今日は帰るとしましょう。

 

ケバブ

帰りに晩御飯を買いに、ケバブ屋に寄りました。

ドイツには300万人近いトルコ移民が住んでいるので、ケバブ屋がたくさんあります。

たぶんトルコよりあると思います。

持ち帰りで注文しました。

ケバブサンド 6ユーロ ≒ 860円

なんかめちゃんこデカくて、重いのがきました!
2食分くらいありそうなので、6ユーロは安いですね。ヨーロッパは外食めちゃ高ですから。

美味い!安い!量が多い!
ケバブは貧乏旅行者の強い味方です。

↑ビールの醸造所

↑サーカス場

20時30分、宿に戻りました。

受付の横の狭い共同スペースでケバブを貪りました。
朝ごはん用に半分残すつもりでしたが、美味くて全部食べちった。

 

明日は、このためにドイツに来た!と言っても過言ではない場所に行きます。

 

次の記事へ↓

広告

-ドイツ, ヨーロッパ, 海外旅行, 西ヨーロッパ
-, , , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.