イスラエル 中東 海外旅行

2023/2/28 聖地エルサレムに到着 旧市街の嘆きの壁、聖墳墓教会を見学します ムハンマド・クロカワ爆誕!

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

エルサレム

12時50分、エルサレム・イツハク・ナボン駅に到着しました。

トラムに乗って、新市街に移動します。

 

ベン・イェフダー通り

トラムを降りて、エルサレム最大の繁華街「ベン・イェフダー通り」を歩きます。

テルアビブと比べて、黒いハットに黒いコート、黒いズボンを着ている敬虔なユダヤ教徒が増えました。
髭を伸ばして、もみあげはクルクル巻きにするようです。

見慣れてないせいかコスプレっぽくて、ニヤニヤしちゃいました。ごめんなさい。

↑女性軍人

イスラエルでは、女性も徴兵があります。

どうでもいいですけど、ウージーというイスラエル製サブマシンガンのモデルガンを子供の頃、持ってました ← ホンマにどうでもよくて草

 

広告

ステイ イン ホステル

13時30分、予約していた安宿「ステイ イン ホステル」に到着。

チェックインは15時なので、共同スペースで時間をつぶします。

↑売店で買った飲み物

スプライトとミネラルウォーター(1.5L) 18シェケル ≒ 650円

もう飯の値段やん。。。

15時になったので、チェックイン。

ドミトリールーム 1泊 100シェケル ≒ 3,600円

もっと安い宿はありましたが、ベッドにカーテンが付いているのでここにしました。

上の段でした。

4泊するので、上り下りがだいぶ面倒くさいです。

↑宿の詳細はこちらをご覧ください

 

旧市街

16時、エルサレム観光開始です。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地が集まる旧市街に来ました。

旧市街は、もちろん世界遺産です。
色々もめている地域なので、世界遺産申請はヨルダンがしたんですけどね。

なんでそんな近くに聖地が集まるの?と思うかもしれませんが、3つの宗教が同じ神を信仰していて、根本は同じなんで、当然なんすよ。

成り立ちの時代順でいうと、ユダヤ教(前13世紀)キリスト教(1世紀)イスラム教(7世紀)
ボコボコ一神教が誕生するのを見てるので、イスラム教ではムハンマドを「最後の預言者」として、以降の一神教を認めないかつ、コーランを最新の神の言葉として位置付けさせることに成功したのが、すごい宗教ハックだなと思っています。(個人的見解)

 

広告

ダマスカス門

旧市街は城壁に囲まれていて、8つの門があります。

最もにぎわっているダマスカス門に来ました。

道がシリアのダマスカスまで続いているので、ダマスカス門と呼ばれています。

門をくぐるとスーク(市場)が広がっていました。

旧市街には、ユダヤ人地区、キリスト教徒地区、ムスリム地区、アルメニア人地区があって、ここはムスリム地区になります。

↑飴ちゃん

↑ナッツ類

↑邪視除けのお守り「ナザル・ボンジュウ」

↑肉屋

中東の市場は、海外来たぜ!!って感じがして、テンション上がります。

↑ユダヤ教の男性がかぶる帽子「キッパ

売りつけられそうになりましたが、キッパり断りました(嘘)

↑看板猫

ブラッシングしてあげたい。

 

ムハンマド・クロカワ爆誕

道端でイスラム教を普及している男に誘われてモスクに入ったら、アラーの偉大さを力説されて、日本語版のコーランとお祈りカウンターをもらいました。

リピートアフターミー形式で、ムスリムになるための信仰告白(シャハーダ)をさせられたと思うんですよね。。。

ということで、今日からおいらはムハンマド・クロカワとして活動していきます(笑)

イスラム教徒って、豚肉とお酒飲めなくて大変だなと思われるでしょうが、ユダヤ教の食事規定(コシェル)の方がよっぽど厳しいんです。

コシェル
①ひづめが分かれていて、反芻しない動物NG:豚、ラクダ、ウサギなど
②鶏肉はOKだか、ダチョウはNG。猛禽NG。地を這う四つ足動物NG
③食べれる肉でも必ず血抜きすること
④水に棲む、ひれとウロコのない生物NG:貝、イカ、タコ、エビ、ウナギなど
⑤乳製品と肉を一緒に食べるのNG:チーズバーガーなど

ね! めちゃ厳しいでしょ。

これに比べたらイスラムの食事規定なんて大したことないっすよ!

なので、これからおいらは、お酒と豚肉の量を減らします! ←いや、食うんか~い!

 

広告

嘆きの壁

スークを抜けて、ユダヤ人地区にある嘆きの壁に来ました。

セキュリティチェックがあるので、行列ができています。

壁に近づくには、キッパを被らなければなりません。
被ってない人たくさんいるけどね。

↑嘆きの壁

おおお 嘆いてますね~

女性と男性はスペースが区切られているので、こちらには男性しかいません。

ここには、かつてユダヤ教の神殿が建っていました。
西暦70年にローマ軍に破壊されて、唯一残っているのが神殿を囲むこちらの外壁です。

体を揺すりながら、何かぶつぶつ言ってます。

神殿の再建とメシア(救世主)の来臨を祈ってるらしいです。
おいらは、安いメシ屋の方がありがたいです。

↑99%ジョン・レノン

壁の石の隙間には、人々の悲願を記した紙切れが詰まっています。

↑ウイルソン・アーチ(壁のそばにあるトンネル状の祈祷所)

こっちでも、めっちゃ嘆いてます。

おいらは、社会不適合者であることを嘆きました (´;ω;`)ブワッ

続いて、キリスト教地区にある「聖墳墓教会」に向かいます。

 

聖墳墓教会

聖墳墓教会

イエスが十字架にかけられ、磔刑に処せられたゴルゴダの丘に建つ教会です。

もっと立派な入口があると思って、通り過ぎてました(笑)

入口を入ってすぐに、香油を注がれた石があります。

十字架から降ろされたイエスの聖骸に香油を塗った地点です。

信者が、石を撫でたりキスをしていました。

香油って、ごま油とかネギ油とちゃいまっせー アロマオイル的なやつでっせー

特別大きな教会でもないし、豪華絢爛なわけでもないのですが、凄みを感じます。

ゴゴゴゴゴーーーって感じで圧倒されます。

↑聖職者

ぴょこんと上がった足 カワヨ♥

↑イエスの墓

中に入ろうとする人の列がすごかったので、おいらは外から見るだけにしておきました。

時間も時間ですし、ムスリムの聖地である「岩のドーム」は明日行くことにして、帰ります。

 

広告

ヤッフォ門

ヤッフォ門から旧市街を出ました。

近くに、ダビデの塔がありました。

城壁カッコよ。

噂に聞いていた通り、エルサレムはレべチでスゴイかったです。
どこに行っても秒で飽きるおいらが、全然飽きませんでしたからね(笑)

新市街に戻ってきました。

ベン・イェフダー通りには、たくさんのパフォーマーがいます。

↑スーパーで買った夕食

ヨーグルト 6.9シェケル ≒ 250円
フルーツジュース
 12シェケル ≒ 440円

ブログを書こうと思っていましたが、眠気を我慢できずに21時に寝てしまいました。
まだ時差ボケは治りそうにありませんね。。。

明日は、神殿の丘とオリーブ山周辺を観光しようと思います。

 

次の記事へ↓

広告

-イスラエル, 中東, 海外旅行
-, , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.