自由気ままな一人旅の記録です。

クロカワのぶらり海外一人旅

イスラエル 中東 海外旅行

2023/3/1 聖地エルサレム観光 イエスが十字架を背負って歩んだヴィア・ドロローサを辿る(中途半端)

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

神殿の丘とオリーブ山を観光した続きです。

 

エルサレム

11時。

宿に戻って、洗濯しました。

昼休憩。

パン3つ 11シェケル ≒ 400円
コーヒー 無料

近くのパン屋で買ってきました。

全部甘いパンだと思ってたのに、全部しょっぱかったです。残念。

 

旧市街

↑ダマスカス門

16時、再び旧市街にやってきました。

オリーブ山でイエスにまつわる教会をたくさん回って、キリスト教聖地巡礼モード全開です。

ということで、イエスが裁判で有罪にされてから、十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサという道を歩いてみようと思います!

おいらも無職という見えない十字架を背負ってますからね ( ;∀;)アーメン

↑放置されたカバン

爆弾仕掛けられてるかも。近寄らんとこ。

賑わいを見せるスーク(市場)

↑ピカジュウーTシャツ

超正統派に怒られろ(笑)

↑カラフルなジャレビ

じゃあ、明日行きます。

いやいやいやいや

 

広告

ヴィア・ドロローサ

この辺がヴィア・ドロローサの起点のはずなんですけどね。

ヴィア・ドロローサって書いてあるし。

キリスト教関係の土産物屋たくさんあるし。

ヴィア・ドロローサには、イエスに何らかのイベントが発生した場所が14か所(第1留第14留あるんですよ。

でも、いきなり最初の第1留(イエスが死刑判決を受けた場所)と第2留(イエスが十字架を背負わされた場所)が分かりません。。。

ありゃ? 探してたら第3留に来ちゃいました。

ここは、イエスが十字架の重みに耐えかねて、最初に躓いた場所です。

まぁいいや、ここから歩き始めましょ。
ローサって、加藤ローサくらいしか知らなかったので、許して下さい。

第4留「苦悩の母のマリア教会」

マリアが十字架を背負ったイエスを見たとされる場所です。

第5留

シモンがイエスの代わりに十字架を背負った場所。

シモンてだれでしょうねぇ、寺門ジモンでないことはおいらでも分かりますけど。

第6留「ベロニカ教会」

ベロニカという女性が、イエスの顔を絹のハンカチで拭った場所。

第7留

イエスが2度目に倒れた場所。

おっし!順調 順調!

あれ?? 第8留の場所が全然分からへん。。。

おふっ!? 聖墳墓教会まで来てもうた。

第10留第14留は、聖墳墓教会の中にあります。
聖墳墓教会は昨日入ったし、もうグダっちゃったから帰ります。

期待して下さった方、ごめんなさい。 

ただね、おいら思うんですよ。
どの宗教もその”教え”が重要なわけで、神様が〇〇した場所だとか、神様の〇〇が残ってる場所をありがたがるのって本質と違うのではないかと。それただのファンでしょって。

はい、言い訳です。

 

新市街

18時、新市街に戻ってきました。

たくさん歩いてお腹が減ったので、飯にします。

↑ベン・イェフダー通りにある「ニューデリ」

「ニューデリー」というカレー屋と思って入ったら、サンドイッチ屋でした(笑)

照り焼きチキンサンド 33シェケル ≒ 1,200円

うまいけど、高けーよ(これ言うの何回目?)

スーパーでおやつを買って宿に帰りました。

イスラエルビール(マカビ) 10シェケル ≒ 360円
オレオミルカクッキー
 14.9シェケル ≒ 540円

ラベルにヘブライ語が書かれてるので、イスラエルのビールで間違いないでしょう。
最初に苦みがくるけど、後味スッキリ。悪くない。

20時なんですけど、4時半起きなのでもう眠いです。
ビール飲んだら寝ようと思います。

おやすみなさい。

ちなみに明日は、パレスチナに行く予定です。
もちろんガザ地区じゃなくて、ヨルダン川西岸地区の方ですよ。

 

次の記事へ↓

広告

-イスラエル, 中東, 海外旅行
-, , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.