ロシア 海外旅行

2019/4/28 モスクワ観光 クレムリン、赤の広場とか

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

  
  ↓の記事の続きです。

MIATモンゴル航空

 

ウランバートルからモスクワに向かう機内。MIATモンゴル航空です。
9時15分発なので、すぐに朝ご飯が出た。

機内食、チキンを選択。モンゴル料理という感じではなく、スパイスが効いてて東南アジアっぽい味付けだった。

約7時間のフライト。 もうすぐ到着。個人モニターがなかったので、ガイドブック見たりロシア語勉強とかして過ごした。

シェレメチェヴォ空港

シェレメチェヴォ空港到着。問題なく入国審査完了。
ちなみにビザは祝日に個人で大使館に行って取りました。

空港を出るとマルシルートカが停まっていたので、行先を聞くと地下鉄、プラーニルナ駅に行くというので乗った。80ルーブル(≒140円)
ちなみにおいらはロシア語を半年くらい独学で勉強していて、中1英語レベルくらい話せる。ロシア含め旧ソ連の国は英語の通用度が低い(特に年配の方)ので少しロシア語を勉強していくことをお勧めする。

広告

地下鉄:プラーニルナ⇒クロポトキンスカヤ駅

30分ほどでプラーニルナ駅到着。

↑マルシルートカはこういう乗り合いバスのことです。

駅のすぐ近くにショッピングモールがあった。

駅の窓口でモスクワ版のSuica「トロイカカード」を購入。
ロシアの地下鉄は乗車距離を問わず、運賃は同じだ。20回分の料金をチャージしてもらった。

聞いていた通り、地下鉄めっちゃ深い。
もしかしたら大江戸線とそんなに変わらないのかもしれないけど、まっすぐ1本のエスカレーターで降りるから迫力あんのよ。

地下鉄の路線図さえあれば、日本と変わらずとても簡単だ。

電車来ました。モスクワの地下鉄、初乗車。
これはキレイな電車だけど、ソ連時代から使われている古い電車も現役で走っていた。
アゼルバイジャンの地下鉄で写真撮ってたら警察に見つかって写真を消さされたことがあるので、ちと緊張。

モスクワ

乗り継ぎして、ホテルの最寄りのクロポトキンスカヤ駅に到着。
地上にでると救世主キリスト聖堂が見えた。

↑クレムリン
ホテルはクレムリンのすぐ近くにある。

ドム・パシュコヴァという立派な国立図書館。

↑ウラジミール大公の像
歴史あるのかと思いきや2016年に造られたらしい。
ウラジーミルさんは988年にロシアの前身、キエフ大公国(キエフルーシ)をキリスト教国にした偉人。

ホテルの近くのはず。
パトス・ナ・クレムリンフスキーというホテルなんだけど全然見つからない。
警察っぽい人に聞いてみたけどこの近くということしか分からず、しばらくさまよって諦めかけた時にタバコ吸っているおばさんがいたので聞いてみると運よくその人がホテルの従業員だった。

広告

ホテル「パトス・ナ・クレムリンフスキー」

んで、ここが入り口。ホテル名なんて書かれてない。
分かるわけねーだろ!
おばさんは電話すればよかったのに。とか言ってたけど電話して分かるようなロシア語力ねーわ。

1泊、2000ルーブル(≒3400円)
バス、トイレ共同。
立地は最高だし、部屋もキレイなので満足。

バスタブもある。シャワーはすぐにお湯が出た。優秀。

クレムリン

少し休憩した後、クレムリンにやって来た。

日曜日ということでめっちゃ並んでいる。。。特に中国人が多い。

↑料金表

↑クレムリンの地図

700ルーブルで共通チケットのみ購入。
武器庫やダイヤモンド庫に入るなら追加のチケットを購入する必要がある。
おいらはモスクワに2日しかいないので時間の都合上パス。

では入場。手荷物検査があるのでなかなか進まない。

↑トロイツカヤ塔のクレムリン入り口

赤の広場のワシリー寺院が見えた!

↑元老院
かつてレーニンが住んでいた場所。現在はロシア連邦大統領府として使われている。

↑大砲の皇帝
1586年鋳造。今まで一度も使用されたことはない。

↑ロシア正教の聖堂群
ひとつひとつ見ていきましょう。

↑ウスペンスキー大聖堂
見ての通り、めっちゃでかいっす!

↑イワン大帝の鐘楼

↑ブラゴヴェシチェンスキー聖堂
中にも入った。内部は写真撮影禁止。

↑アルハンゲルスキー聖堂
こちらも中に入った。

↑鐘の皇帝
鐘を鋳造中に火災が発生して、水ぶっかけたら一部が欠けてしまったらしい。
うそっぽい気がするけど、まあええわ。

武器庫入り口。一応、チケット見せてみたけどやっぱり入れなかった。

↑ボロヴィツカヤ塔

クレムリンを出て、歩いて救世主キリスト大聖堂に向かいます。

モスクワ川を通過。

広告

救世主キリスト大聖堂

見えて来た。改めてみるとでけー!!

クレムリンから20分ほど歩いて到着。

↑女性と腕を組んで歩く聖職者

↑外壁の装飾

入り口に回ってみると長蛇の列。ロシア人の信仰心すごいね。
せっかく来たので並びましょう。

中に入りました。日曜日なのでミサをやっていた。それで行列が出来ていたんだな。

↑たぶん偉い人達。

↓ミサの様子

装飾がめっちゃ豪華。

ミサ終了。

外に出た。まだ行列できてるし。。。

正面から。

19時だか20時だかの鐘が鳴っていた。
よく見ると人が鳴らしている。
歩き疲れたのでホテルに戻って少し休憩。

20時30分頃、赤の広場の夜景撮影に出かける。

クレムリン川岸通りを歩いて向かう。

普通にヨーロッパの街並みだ。

スターリン・クラシック様式のビルが見えた。
なんの建物かは分からない。

赤の広場

赤の広場到着。
うぉーって声出た。これぞロシアのイメージだ。

手前がワシリー寺院、奥がグム百貨店。

ロシアといえばこのたまねぎ屋根と独特な色使いの建物をイメージする。

↑スパスカヤ塔
クレムリンの公用門で大統領もこの塔の下の門を使う。

広告

グム百貨店

グム百貨店。派手すぎやしないかい?

買うものないけど入ってみる。

中もゴージャス。

外もキラキラ✨!

めっちゃ広ろ。
毎年5月9日にここで戦勝記念軍事パレードが行われている。

↑国立歴史博物館

↑カザンの聖母聖堂

↑ロシア全道路の起点

↑ヴァスクレセンスキー門
赤の広場の入り口。入り口あったんだ、こっちから来ればば良かったな。。。

赤の広場撮影終了。
晩御飯食べて宿に帰りましょう。

アルバート通りの近く。路上ライブやっている人がたくさんいる。
しかも結構ガチなスタイルで。

アルバート通り

↑アルバート通り

カフェ「ムー・ムー」

ロシア料理のチェーン店「ムー・ムー」を見つけたので入ることに。

自分で料理を選ぶセルフサービススタイルのお店。
ボルシチとセリョートカ・ポド・シューボイ(毛皮のコートを着たニシンという意味)というサラダ、ソバの実、豚肉を注文。
普通にうまい。
あくまでもおいらの個人的な感想だけど、ロシア料理は基本全部うまい。外れがない。ただし、うますぎることはない。

宿に戻った。明日は列車でモスクワ郊外にあるウラジーミルという町に行くので、風呂入って早く寝るっす。

↓ウラジーミル観光に続きます。

広告

-ロシア, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.