ロシア 海外旅行

2019/4/29 ウラジーミル観光

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

モスクワ

翌朝。
今日はモスクワ北東約170キロのところにあるウラジーミルという古都の町にいく。

地下鉄:ボロヴィツカヤ駅⇒クールスカヤ駅

↑ボロヴィツカヤ駅
ホテルをチェックアウトして、11時発の列車に乗るべくクールスカヤ駅に向かう。

地下鉄クールスカヤ駅到着。列車は近くのクールスキー駅から出発する。

駅前には奇抜な壁画のある大きなショッピングモールがあった。

広告

クールスキー駅

↑クールスキー駅
近いけどウラジーミル駅はシベリア鉄道の路線だから「おれ、シベリア鉄道乗ったことがあるぜ」と言えるってこと。
おいらが乗る列車は704番だからニジ二・ノヴゴロドまで行くんだな。

ホームの場所が分からなくて迷っていたら駅員ぽい人声を掛けてきてくれて、ホームまで連れてきてくれた。だけど、その後で200ルーブル払えって言われたから「ありがとう」と言えなかった。

朝ご飯用に売店でスニッカーズとコーラを買った。

モスクワ⇒ウラジーミル(鉄道)

列車到着。
チケットはネットで購入した。ウラジーミルまで約1時間40分で到着する早くて、ちと高いやつ。だいたい1週間前にチケットを買ったんだけど、それ以外は売り切れで買えなかったからだ。ロシアも連休らしいのでその影響かも。チケットは早めに購入することをお勧めします。

チケットとパスポートを見せて乗車。

車内は普通にキレイ。

車窓からの眺め。
ロシアらしく白樺の木がたくさんある。

↑大地
ウラジーミルには約24時間滞在する。スーズダリという田舎の町にも行こうと思っていたんだけど、時間が足りないから諦めた。

そろそろ到着。すでに教会が見えている。

広告

ウラジーミル

時間通り、ウラジーミル駅到着。

モスクワよりはるかに田舎でいい感じ!
空気も美味しい気がする。。。

↑駅構内。

お土産屋さんもある。

駅はこんな感じ。日本の中核都市の駅とそんなに変わらんな。

とりあえず、メインの通りに移動する。

ポリシャヤ・モスコフスカヤ通り

ポリシャヤ・モスコフスカヤ通りに出た。路面電車が走っている。
予約しているザーリャというホテルに向けて西に移動する。

世界遺産のドミトリエフスキー聖堂発見!
明日しっかり見よう。

こちらも世界遺産のウスペンスキー大聖堂発見。
ロシア語で「アイ・ラブ・ウラジーミル」って書いてる。
明日しっかり見よう。というのも今日はウラジーミル近郊のポクロヴァ・ナ・ネルリ教会に行く予定だから早くホテルにチェックインして荷物を置きたいのよ。

マクドナルドとケンタッキーが並んでる。住みやすそうな町だ。

広告

ショッピングセンター

ショッピングセンター発見。チェックインは14時なので、ここで少し時間を潰す。

コンパクトな感じ。
平日で客も少ない。

日本の製品を売っているお店があった。samuraって...

3階にフードコート発見。ここでお昼にしましょう。

↑ソ連というロシア料理の店

ブリニ

↑ロシア式クレープ「ブリ二」の店
ブリニ食べたことないのでここに決めた。

中身を選ぶんだけど甘い系とごはん系がある。イクラを注文したけどないと言われたので、鮭にした。
あとウハーという魚が入ったスープを注文。

注文したら、トイレの無料使用券がもらえた。
ショッピングモールのトイレも無料で使えない~こんな世の中じゃ~ポイズン♪

来ました、焼きたてブリニ。
中の鮭は少し塩辛かったけど、とても美味しかった。
さて、いい時間になったのでホテルに向かいましょう。

広告

黄金の門

↑世界遺産の黄金の門

↑トロイツカヤ教会
ホテルに向かうだけでウラジーミルの観光スポットすべて見ちまったわw。

ザーリャホテル

ザーリャホテル到着。
ソ連時代の宿って感じがして、かなり好きです。

廊下

おいらの部屋は701号室だ。

こぢんまりとした部屋でよいです。
1泊、約2700円。

シャワーとトイレ。

冷蔵庫もある。

絶滅危惧種のブラウン管テレビ。
テレビ見みないので問題ない。

ホテルからの景色。

路線バス

少し休憩した後、外出。
ホテルの前にバス停があるので、そこからポクロヴァ・ナ・ネルリ教会の近くまで行く152番のバスに乗った。

どこまで乗っても22ルーブルだ。40円しないってことか。。。いや、安!

↑切符

バガリュープスカヤ修道院

地球の歩き方に青い丸屋根の修道院が見えたら降りろと書いてあったので、ここで降りた。

↑バガリュープスカヤ修道院
せっかくなので少し敷地内を散策。

ㇴコ様。

またㇴコ様。

なぜか、めっちゃネコ多いっす。

たぶん、ネコを保護するための活動をしているんだね。
少しばかりのお金を入れておきました。

この辺の家かわいい。

シベリア鉄道。
貨物列車。何日もかけて数千キロ移動するんだろうな、ロマンあるぜ←想像

ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会見えた!
で、ここからどうやって行けばいいんだ??

適当に東に向かって歩く。

ネルリ川を渡る。

はい、確実に間違えているので戻りましょう。
撤退は早めがいい。太平洋戦争に突っ走ってしまった旧日本帝国陸海軍に伝えたいことだ。

ほぼバスを降りた場所まで戻って来た。
どうやらこの道らしい。というかここしか南に行く道がない。
近くにいたベビーカーを押していた首にタトゥーの入った男性に聞くと教えてやるからついてこいと言われた。

ここを渡れば行けるとのこと。
スパシーバ!ロシア人って見た目は怖いけど、優しい人多いよ。
どこの国でもそうだけど向こうから話しかけてくるやつは警戒しないといけないのよ。

バガリュープスカヤ修道院から本当にすぐ近くだった。

ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会

来っつたー!

人里離れた川岸にぽつりとたたずむこの教会は、その優雅さから「白鳥」「白衣の花嫁」にたとえられている←おいらもそう思います。はぃ。

近くで見ると大きな教会だ。

自分でいうのもなんだが、教会が水面に反射しているとても美しい写真撮れた。

観光客は少なめ。ガイドブックに載っている開館時間を過ぎていたけど中に入れた。

露店の土産店でマグネット購入。

ほんと周りに何もなくて感動する。

では帰りましょう。

バガリュープスカヤ修道院の前にあるバス停から適当なバスに乗った。

↑日本の化粧品を扱っている店
バスがどこまで行くのか分からなかったのでそれなりに近いところで降りて歩くことにした。

まったくなんの建物か分からないけど、お城のよう。

黄金門まで帰って来た。

↑カラオケ店

スーパーマーケット

スーパーで晩御飯を買って帰ることにした。

↑ロシアで人気のスメタナ(サワークリーム)

↑ポッキーに似たお菓子

↑イクラとキャビア

↑ビール

↑黄金門
少しだけライトアップされていた。

ザーリャホテル

ホテルに戻って来た。
黒パンとサラミとチーズとお菓子とビールを買った。
ヨーロッパの加工肉と乳製品って美味しい気がする。

↑プリャーニク
明日の朝ご飯用。

明日はウラジーミル市内を観光した後、モスクワに戻る。

↓次に続きます。

広告

-ロシア, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.