イラン 中東 海外旅行

2020/1/2 テヘラン観光1 ゴレスターン宮殿、バザールなど

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

テヘラン観光

イラン観光最終日。
テヘラン市内を観光後、22時50分の飛行機で帰国する。

9時30分、観光開始。
さすが1400万人が住む大都会テヘラン、交通量半端ない。
バイクも多くて、ベトナムみたいな雰囲気がある。

イランでは歩行者がいても車が止まってくれなかったりするので、注意する必要がある。

小さな市場を南に進む。
歩いているとハローと声を掛けられる良い雰囲気。

朝ご飯買った。

ゴレスターン宮殿に向かう途中。なにやら集会が行われていた。
デモかと思って、遠くから見ていけど、どうやら違うようなので近くに寄ってみた。

誰かを追悼しているらしい。

イランに留学していた友達に聞いてみたところ、シリア内戦やアフガニスタンの青年育成で活躍した人の葬儀だとのこと。シリア内戦で被弾し、闘病の末の35歳での殉職だったようだ。

ゴレスターン宮殿

ゴレスターン宮殿来た。
すべての建物に入れるチケットは、370万リアル(≒9600円)。
びっくりするほど高い!
でも、リアル残ってもしょうがないし、せっかくなので一番高いチケット買った。

パンフレットくれた。

入場。

木曜日の朝だけど、結構人いる。

だいぶ広いけど、建築当時の10分の1の大きさらしい。

たぶん王様の像。

ㇴコ様がたくさんいて、最高。

イラン猫とちゅ~る
ちゅ~るの案件ではありません←当たり前だ!

旅先で猫と遊ぶことが多いので、今回初めてちゅ~るを持ってきた。
すごい食いつき!
でも、撫でようとしたら猫パンチ連発された( ノД`)シクシク…
恩を仇で返すタイプのサビ猫。

こちらは人なつっこいハチワレ。

反則級の可愛さ♥♥♥

ダイヤモンドホール

やっと建物へ入る。

どこらへんがダイヤモンドなのか分からなかった。

バードギール

建物全体に風を通す作りになっているそうです。

バードギールの地下室。
19世紀や20世紀初期に撮影された写真が展示されている。

ペルセポリスの写真

ハージュー橋の写真

ゴレスターン宮殿

富士山と同じ2013年に、世界遺産に登録されている。
ガージャール朝の王宮として使われたもの。

関係性は分からないけど、サマルカンドの壁画に似ていると思った↓

サマルカンド、シェルドル・メドレセの壁画

中は鏡の宮殿といわれるだけあって、キラキラ輝いている。
イラン人ホント派手好きだな。。。

シャーチェラーグ廟やイマーム・レザー廟見てからだから正直感動は薄い。。。

12時。
宿のチェックアウト時間が12時30分なので、入ってない建物あるけど、出ることにした。

広告

シャルフ公園

宿をチェックアウトして、適当に歩いていたら公園があったので、ベンチで休憩しながら、この後何するか計画立てることにした。

かなり広い公園。

運動器具あり。

池あり。

バザール

バザールが近くにあるので、行くことにした。
交通量よ。。。

平日だというのにたくさん人がいる。
中東最大規模の市場らしい。

建物の中に入ってみたが、すごい人ですぐに退散。

よりローカル感のある通り。

この古そうなアーケードがそそりますな。

靴屋

布屋

適当なところから出た。いや~疲れた。。。
竹下通を優に上回る人口密度。

この後はもう観光せずに、適当にぶらぶらして、ご飯食べて空港に移動しようかと思っていたけど、イラン人のオッサンにガイドしてもらうことになった。
まだまだ、テヘラン観光続きます。

次の記事へ↓

広告

-イラン, 中東, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.