中国 岡山 昭和レトロ自販機

2021/12/11 岡山レトロ自販機巡り旅 岡山県津山市『おかもと仕出し店』

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

岡山レトロ自販機巡り旅

2021/12/11~12で岡山県のレトロ自販機コーナー計3カ所(おかもと仕出し店⇒ドライブイン古城ベンダーショップもみぢの里)を訪れる、レトロ自販機巡り旅です。
移動手段は電車とバスと徒歩とタクシー。

この記事は旅の第一弾、おかもと仕出し店編です。

津山市「ビジネス旅館 新月」

津山駅から徒歩6分の距離にあるビジネス旅館新月に宿泊しました。

↑宿の情報はこちらをご覧ください

 

8時20分、チェックアウト。津山駅に向かいます。

広告

津山駅⇒佐良山駅(JR津山線)

8時30分、津山駅到着。

駅前には、箕作阮甫の銅像とSLがありました。

切符購入、佐良山までは190円。

8時47分、発車。

佐良山駅⇒おかもと仕出し店(徒歩)

8時54分、佐良山駅到着。

駅前、なにもありません。

佐良山駅からおかもと仕出し店までは徒歩51分の距離です。
GoogleMap情報ではこの近くからバスは出ていないようなので、遠いですが歩きます!

国道429号をひたすら西に進みます。

途中、朝ごはん代わりにおしるこを買いました。

営業していませんでしたが、渋いタバコ屋がありました。

田舎といったらコイン精米

30分ほど歩くと、だいぶ田舎感強くなりました。
都内住みのものとしては、田舎の風景を見るのが癒しになるからレトロ自販機巡りしているようなところもあります。

おかもと仕出し店の近くにバス停ありました。
津山駅まで行くようなのでわざわざ佐良山駅まで移動しなくてもよかったのかもしれません。

広告

おかもと仕出し店

9時50分、おかもと仕出し店到着。

富士電機製麺類自販機が1台稼働しています。

麺類自販機

外に設置しているからか、やや汚れが目立ちます。

天ぷらうどん ¥300
肉うどん   ¥300

実食

肉うどん ¥300

それでは、肉うどんをいただきます。

イートインスペースがあったので、こちらでいただきたいと思います。

300円という価格設定にしては量が少ないな。そしてなぜか韓国冷麺かってくらい麺が透明だ(・□・;)

嫌な予感・・・

予感的中。。。麺がカッチカチ

はっきり言わせてもらうと・・・

食えたもんじゃねぇ(# ゚Д゚)!

柔らかい麺だけ拾って食べて、あとは残しました。
これまで数十か所で自販機うどん、そばを食べてきましたが、残したのは初めてです。

まぁたまたまでしょう。。。
ということで気を取り直して、天ぷらうどんをいただいてみます。

天ぷらうどん ¥300

かき揚げが2つ入っているのは素晴らしいのですが、やっぱり麺が透明や・・・

肉うどんと同じくカッチカチ( ;∀;)
さすがにここまでくるとザブングル加藤のネタを思い出してしまいましたw

カッチカチやで!! カッチカチやぞ!! ゾックゾクするやろ!!

悔しいです( ゚Д゚)!!

ちなみに自販機での調理は麺を熱湯に通して温めた後、スープを注ぐだけなので自販機の調子が悪いということではなく、仕込みがまずいのだと思います。
麺を補充して長時間経っているか、冷凍焼けしてたのかなと
同じようなレビューはみかけなかったのでたまたまだと思います。

不完全燃焼ですが、おかもと仕出し店を後にします。

広告

佐良山駅

11時20分、佐良山駅に戻ってきました。

めっちゃ小さい駅なのにモニターあってビビった!

缶コーヒーを飲みながら、12時36分の電車を待ちます。

鮮やかなオレンジ色の電車きました!
キハ40系の車両です。

続いて、ドライブイン古城に行くために浦田駅に移動します。

↓次の記事へ

広告

-中国, 岡山, 昭和レトロ自販機
-

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.