アジア タイ 東南アジア 海外旅行

2022/5/24 バスでスコータイからピッサヌロークに移動(事故あり)列車のチケットを買って、不味い寿司を食べます

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

チナワット ホテル

ヨム川沿いにあるチナワット ホテルに宿泊しています。
朝食はセブンイレブンで買ったバナナと昨日屋台で買った鶏皮せんべいです。

今日、3日間滞在したスコータイからピッサヌロークという町に移動します。

11時30分、宿をチェックアウト。

イオちゃん(犬)は今日も定位置で寝ていました。

 

レンタバイク

バスターミナルに行く前に、借りているバイクを返却しなければなりません。

ガソリンスタンドに寄って、満タンにしました。50バーツ(≒193円)

ルアン スリ シリ ゲストハウスにバイクを返却しました。
スコータイバスターミナルのすぐ近くにあるゲストハウスです。

広告

スコータイバスターミナル

11時50分、スコータイバスターミナルに着きました。

カウンターでチケットを買おうとしたら、このおばさんから買ってくれと言われました。

チケット購入  50バーツ(≒193円)

60キロくらい離れているのに50バーツって安すぎませんかね。

元祖レッドブルを飲んで、元気を出します。12バーツ(≒46円)

ピッサヌローク行のバスが来ました。

バスというよりバンですね。

 

スコータイ ⇒ ピッサヌローク(バス)

13時、出発。

ガソリンスタンドに寄って、給油。

おおらかです(笑)

ピッサヌローク市内に入ってしばらく走ったころでしょうか。

キィキィィー ドンッ!!

事故りました。これマジです(怖)

前を見ていなかったので、状況はよく分かりませんでしたが、前の車にぶつかりました。
前の車から人が降りてきて車の傷を確認して、大丈夫だったのか何事もなかったように再び走り出しました。

いやいやいやいやいや 警察呼ぼ (;^ω^)

 

広告

ピッサヌロークバスターミナル ⇒ NAP CORNER HOSTEL(徒歩)

14時15分、無事?にピッサヌロークバスターミナルに着きました。

距離はありますが、チェックインまで時間があるので歩いて宿に移動します。

ピッサヌロークは田舎過ぎず都会過ぎず、中都市といった印象です。

たまに日本食レストランが目につきます。

たぶんなんちゃって日本食だと思います。

大きなホテルとショッピングセンターがありました。
宿はこの辺にあるはずです。

↑両替所

 

NAP CORNER HOSTEL

14時50分、少し迷いましたが、予約している宿「NAP CORNER HOSTEL」到着。

宿にスタッフは常駐しておらず、隣の家の住人が電話して呼んでくれました。

ドミトリー部屋 1泊 938円

立地は良いですが、安くないです。
しかも、いきなりトイレでゴキちゃん発見していまいましたし。。。
スタッフがまだいたので、やっつけてもらいましたけど。

スタッフは良い感じの人でした。

 

↑宿の詳細はこちらをご覧ください

 

広告

TOP LAND Plaza

宿でしばらく休憩した後、来る時に見えたTOP LAND Plazaというショッピングセンターに来てみました。

立派なショッピングセンターなのですが、いかんせん人が少ないです。

平日の昼間ということはあるでしょうが、外にはたくさん人がいるので、余計に不思議です。

いや、いつからあんのよw

KFCはそれなりに賑わっていました。

↑ゲームセンター

体験型アトラクションのようですが、遊んでいる人よりスタッフの人数の方が多いです。

↑フードコート

地下のスーパーにきました。

ここに人がいないのはマジで謎。

日本のお菓子が普通に売られています。

夕方になり交通量が増えてきました。

ショッピングセンターを出て、バンコク行の列車のチケットを買いに、ピッサヌローク駅に行きます。

ウドンターニーに行く計画でしたが、暑さもありバンコクをあまり観光できていないので、バンコクに戻ることにしました。

赤色の建物はだいたい金行というゴールドショップです。

タイ人は預貯金代わりに金を購入するらしいので、金行がそこらじゅうにあります。

↑ドリアンカー

 

ピッサヌローク駅

ピッサヌローク駅に着きました。

駅前ロータリーの真ん中に汽車が置かれています。

↑チケット売り場

この中から選べと、マトリクス表を見せてくれました。

早い列車だと5時間ほどで、バンコクまで行けるようです。

5/25(水) 22時9分ピッサヌローク発、5時10分バンコク着のチケットを購入しました。269バーツ(≒1,038円)

扇風機のみの2等特急列車です。

広告

不味い寿司

18時、宿に帰ってきました。

日本を離れて2週間弱、なんとなく日本食が恋しくなってきたので、Grabで寿司TENというお店から寿司を配達してもらうことにしました。

届け先をホステルにしましたが、迷って近くをぐるぐる回っていたので、通りに出て受け取りに行きました。

配達料込 313バーツ(≒1,207円)

外国の寿司って感じですね。"寿司"ではなく"SUSHI"です。

お味の方はというと、不味いです。そして食べれば食べるほど不味くなっていきます。

まず、米がねちょねちょです。
日本米を使っていると思いますが、水分量が多くて柔らかすぎです。
そして強く握りすぎて、餅みたいになっています。

それにマヨネーズとタレを大量にぶっかけているので味が濃くて、魚の味なんて感じれやしません。

どうやったらこんなに不味く作れるんだろう??と思うレベルです。
辛辣ですが、おいら食へのこだわりは強くない方ですからね。

これを現地の人は"寿司"だと思って食べていると思うと日本人として悲しくなります。

あと寿司の量に対して、ワサビと醤油の量がバグってました。

ワサビは日本と変わらないのですが、醤油が3~5倍に水で薄めたのかってほど薄味でした。これじゃただの塩水です。
外人が寿司に醤油を馬鹿みたいにつけて食べてるのを見たことありますが、こういうことだったのですね。納得しました。

やはり、海外で日本食は食べるもんじゃないですね。
これ毎回言ってる気がする。。。

 

明日は、少しピッサヌロークを観光してから夜行列車でバンコクに移動します。

 

次の記事へ↓

広告

-アジア, タイ, 東南アジア, 海外旅行
-, , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.