ヨーロッパ ロシア 海外旅行

2017/11/24 ウラジオストク観光

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

サクラホステル

午前8時、-14度。さぶっ!
明日、13時の便で帰るから観光は今日しかできない。気合を入れて外にでる。日が出ているからか意外と大丈夫なもんだね。

ウラジオストク駅周辺

ウラジオストク駅に来てみた。
人もたくさんいるので、昨日とは全然、雰囲気が違うね。

↑レーニン像

スーパーマーケット

駅前のスーパーに入った。
これは何となくスーパーマーケットって書いてあるとわかる。

ロシアは黒いパンが有名ということなので買ってみた。
あとチーズ。

レモンティー。

駅前なんだけど、市内のどこにでもこの露店があるのね。
ホットドック、ピャンセ、ピロシキ、水、コーヒーを売っている。

この時点では読み方が全く分からなかったので、指差しで肉まんのようなものを注文。
後で調べてそれがピャンセという食べ物であることを知った。

ウラジオストク駅からシベリア鉄道が出発しているんだよね。
おいらは鉄道に乗るのが割と好きなんですよ。
中国の西安からトルファンまで24時間乗ったことがあるけど、全然余裕だったね。いつかシベリア鉄道に乗ってみたいと思う。

客船ターミナル

ウラジオストク駅の後ろに船の駅があった。

寒いので入った。

どでかいマトリョーシカ人形がある。

広告

ロシアの中華まん「ピャンセ」

ここで先ほど買ったピャンセを食べることに。

挽肉、玉ねぎが入っていて、かなりおいしかった。
コンビニで買う肉まんの2~3倍くらいの大きさがあるので1個でお腹がいっぱいになった。
腹ごしらえができたので、いざ観光へ!!

中央広場

中央広場に来た。
なんてことはない広場だったので通過。
スヴェトランスカヤ通りを東に向かう。

たぶん噴水の場所。なに作ってるんだろう??

広告

グム百貨店

お土産を買うために入ろうかと思っていたが、ブランド物しか売ってなさそうだったので、スルー。

ニコライ2世凱旋門

ガイドブックに載っているものがこれだということに最初、気づかなかった。
こんなに小さい(しょぼい)と思っていなかったからだ。
この周辺に観光スポットが集まっているので、ついでに見るのはいいと思う。

広告

アンドレイ教会

アンドレイ教会
うーん、小さいね。一軒家くらいの大きさ。

中に入るときは帽子を脱いでね。
自分は脱ぎ忘れてしまい、怒られました。

中にはイコンがたくさんあった。

潜水艦C-56博物館

中は狭かった。韓国人ツアー客がたくさんいてなかなか進めなかったので早々に退出。

ウラジオストクには韓国人、中国人の観光客は多くいたけど、日本人はほとんど見かけなかった。レストランでも韓国語、中国語のメニューはあるけど、日本語のメニューはないといったことがあったしね。

近くの海には軍艦が停泊していた。

自衛隊の艦船もあった。
実際に街中で自衛隊員の姿も何度か見た。

市内、黄金橋を見渡すことができる鷹の巣展望台へ。
ケーブルカーの乗り場がよく分からなかったので歩いて上ることに。

絵が描かれている壁がたくさんあった。

広告

鷲の巣展望台

ここにもたくさんの韓国、中国人の先客あり。

黄金橋

意外とあっさり到着。

眺めはよいが、想像は超えず。

キリル文字を考案した聖キリルとメトディオス像。

かぎいっぱい。
結婚式後のカップルが訪れる名所とガイドブックにはある。

何なのか分からないけど、大きな豹の絵があった。

ケーブルカー

下りはケーブルカーで帰ります。

チケット。12ルーブルだった。

ケーブルカーを降りてすぐに教会があったので、入ってみることに。
今回はちゃんと脱帽で。
教会から出てきたら、教会の前に立っている女性にロシア語で話しかけられた。
何を話しかけられているか全然分からなかったから、教会を指さしながら、ハラショー(素晴らしい)、ヤー イポーニエツ(私は日本人です)と言った。
向こうは日本はいいところだ的なことを言っている感じだった。
ウラジオストクでは若いロシア人は英語を話せる人がたまにいるけど、基本的には英語は通じない。
時間があれば簡単なロシア語は覚えていった方がいいと思った。
片言でも現地の言葉を頑張って話そうとしていれば、相手は嫌な気はしないからね。

大きな教会。中には入らなかった。

日陰にはまだ雪が残っている。
というのも1週間くらい前に大雪が降って、交通事故もかなり発生していたらしいのね。
寒かったけど旅行中は天気には恵まれていてよかった。

黒パン

近くのベンチで朝スーパーで買った黒いパンにチーズをのせて食べた。
パン自体に酸味と香りがあっておいしかった。

どうせ今朝、買ったパン食べきれないので鳩におすそ分けした。

見下ろしていた黄金橋の下をくぐる。
ここで昨日バスの中で話して、その後、夕食をともにした日本人のJさんと再会した。
ウラジオストクってそれだけ小さい街なのよ。
ということで一緒にお昼をとることに。

Svoyカフェ

ボルシチは食べておきたいよねということで、アドミラーラ・フォーキナー通りのsvoyカフェへ。

中はおしゃれでインスタ映えしそうな感じだった。(やってないから知らんが)
韓国人の若い女の子が何組かいた。
おいらも韓国語のメニューを渡された...うーん
どちらにしても分からないからメニューを指さしで注文した。

ボルシチ

ボルシチ登場!!
味は普通のコンソメスープって感じだった。
パンの乗っているお皿には付け合わせで生ニンニクのスライス、サワークリーム、
豚の脂?が付いてきた。
サワークリームをボルシチに入れるとまろやかになっておいしかった。
ちなみにボルシチはロシアの発音だと「ボルシ」って言うんだよね。ボルシチのチってどこから来たんだよっ!!

ぺリメニ

水餃子のような料理(ペリメニ)も1皿注文した。
正直これは、好みの分かれる味をしていた。
というか個人的には苦手な味だった。好き嫌いがないで有名なおいらがだよ。
とりあえず1皿にしておいてよかった。。。

ポクロフスキー聖堂

昼食後、ポクロフスキー聖堂にいった。
午前中に行ったところはすべてウラジオストク駅から東にあるんだけど、ポクロフスキー聖堂は北にある。少し離れてはいるけど、全然歩ける距離。
今日見てきた教会の中で一番大きく、ロシアっぽい建物だった。

聖堂の中。

天井。

ポクロフスキー聖堂の後ろにも教会があった。
ここまでで今日行こうと思っていたところを制覇しっちゃたんだよね。
町が小さいから主要なところはすべて歩いて30分以内にいけちゃうのよね。
この後、どうしようかな。。。

近くの公園の像。こいつら鷹の巣展望台にもいたやつらじゃね?

旧極東連邦大学

特別見たかったというわけじゃないんだけど、時間が余ってるから極東連邦大学構内にあるという与謝野晶子碑を探すことに。

与謝野晶子の歌碑

すぐ近くに大学はあるんだけど、見つからない。
大学生と思われる何人かに聞いても知らないと言われた。
この人に聞いて分からなかったらもうあきらめようかなと思って話しかけたら、その人は知っていた。

聖堂の一番近い入口から入ればすぐだった。

同じ場所に大仏もあった。
周りの雰囲気に合ってないね。

鳥取県と何かつながりがあるのかな。

クローバー・ハウス

このあとお土産を買うためにクローバー・ハウスへ
ジャムやはちみつ、紅茶などお土産に向いているものがたくさんあり、空港で買うよりも安いので、一気に買い物した。
そして荷物を置きに宿へ。18時30分に晩御飯を食べる約束をして別れた。

宿を出て、中央広場の前の地下通路にあるお土産屋さんでマトリョーシカを2つとマグネット1つを購入した。
全部で1050ルーブルだったけど、交渉して800ルーブルに負けてもらった。
値段交渉するときはこれも買うからいくらにしてっていうのが鉄則ね。

アドミラーラ・フォーキナー通りの待ち合わせ場所のコーヒーショップへ。

↑アドミラーラ・フォーキナー通りのでは、不思議な歌とダンスを踊っている集団がいた。

Jさんと合流後、ウラジオストクは海鮮が有名なので魚市場へに向かうことに。
途中に遊園地があった。夜の遊園地は少し不気味に見えた。
海の近くだから風が強くてめちゃくちゃ寒かった。

夕食

魚市場

着いて中を覗いていると呼び込まれた。
中にはアジア人のグループが3組くらいいた。
ショーケースに入っているタラバガニ、エビを買って電子レンジで解凍してもらうスタイル。
夏はにぎわうのかもしれないけどこの時期は品ぞろえも少なく、寂しい雰囲気。
何より高い。600ルーブルでエビを4匹しか買えなかった。それとビール1本を買い800ルーブル強。

あまりにけっちったから店員に笑われた。。。

日本であまり見ないエビ。
味はとてもおいしかった。

別の場所で飲みなおそうと店を出る。

ピザ屋

バグラニーチナヤ通りのミュージックバーに行って少し飲んだ後、スヴェトランスカヤ通りのピザ屋に入った。時間は22時を超えていたと思うけど地元民ですごく賑わっていた。
ロシア語のメニューしかなかったけど、店員が英語で説明してくれた。

リンゴ味のビール。

ウォッカ

ウォッカ。
地元の人は一口でばんばん飲んでいた。恐ロシア(笑)

フルーツジュースで割っているウォッカ。こちらは割と飲みやすい。

おいらはちびちびとウォッカを4、5杯は飲んだと思うけどそこまで酔わずに翌日もすっきりと起きれた。
隣の席にいた日本語を勉強したことがあるというロシア人と話した。

サバの料理。

なんやかんやいろいろ注文した。
全部おいしかった。
ここはおすすめできる。

このピザは注文してから2時間後くらいに出てきた。
頼んだことを忘れていたし、もう腹いっぱいやっちゅうねん!
食べきれなかったので隣の席のロシア人のグループにあげた。
帰るときは1時近くだったと思うけど、店内にまだたくさん人がいたし、入ってくるひともいた。
金曜だし外は寒いから朝までだらだら飲むつもりなのかね。

店員の女の子。

午後0時過ぎ。帰り際に記念のセルフィ―。

次の記事へ↓

広告

-ヨーロッパ, ロシア, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.