イスラエル 中東 海外旅行

2023/2/26-27 中東旅始まり! 成田⇒香港⇒テルアビブ(キャセイパシフィック)鉄道でテルアビブ市内に移動、眺めの良いカプセルホテルに泊まります

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

成田空港

16時、成田空港 第2ターミナルにやってきました。

今回の旅は、2週間ちょっとで中東の国を数カ国回る予定です。

最初の訪問地は、イスラエル

 

航空会社出発地目的地
キャセイパシフィック2/26(日)18:00
成田空港
2/26(日)22:20
香港空港
キャセイパシフィック2/27(月)1:30
香港空港
2/27(月)7:15
ベングリオン空港

出発の1か月前にMyTripで航空券を予約して、108,806円でした。

高けーよ。。。

↑キャセイちゃんのお尻

キャセイパシフィックは、香港のフラッグ・キャリアです。

初めて利用します。

 

キャセイパシフィック(成田⇒香港)

17時40分、搭乗。

マスクの着用義務あり。

↑機内食

チキンとチーズのパスタです。

あんまり美味しくなかったけど、ハーゲンダッツあるから許そう。

 

広告

香港空港

22時、香港空港到着。

4年ぶりくらいに来ました。

↑自販機

肺に潤いを与える飲み物でしょうか?

 

キャセイパシフィック(香港⇒テルアビブ)

1時30分、搭乗。

ほぼ満席。イスラエルに何しにいくねん。

マスク着用義務あるのに乗客の半分くらいしかマスクしてないです。
CAさんも注意しないし。適当やな。

↑機内食1食目

ビーフを選択。

見て分かる通り、パンがレンチンし過ぎたんかってくらいカチコチしわしわでした。
こんなの初めてです。

キャセイは、機内食のレベルが低いと思います。

↑食後のデザート

アイスくれたから許そう。

↑朝食

座ってるだけだから、全然お腹減ってない。
タンパク質とビタミンのみ接種しました。

 

広告

ベングリオン空港

7時30分、ベングリオン空港到着。

柱がたくさんあって神殿ぽいです。

 

入国審査

↑3ヶ月の滞在許可証

入国審査が厳しいと聞いていたので、身構えていましたが

・なんの目的で来た?
・どこに住んでいる?
・イスラエルに何日滞在する?
・イスラエルに知り合いはいる?

上記の質問を聞かれただけで、3分くらいで終わりました。

おいらイランに行ったことあるんですけど、パスポートに痕跡がないので大丈夫でした。

新型コロナウイルス感染症の治療をカバーする保険への加入が必須と聞いていたので、英文の海外旅行保険証明書を用意していたのですが、何のチェックもありませんでした。

スタンプを押されるとイスラエルと国交のない一部のアラブ諸国(シリア、レバノンや湾岸諸国など)に入れなくなるので、代わりに滞在許可証を発給してくれます。

ATMで現地通貨を500シェケル(≒18,700円)キャッシングしました。

2023年2月時点、1シェケル ≒ 37円です。

続いて、自販機でイスラエルのSuica的存在、Rav-Kavカード5シェケル(≒150円)で購入し、100シェケル(≒3700円)分チャージしました。

バス、鉄道、LRT(路面電車)などイスラエルの大部分の交通機関で使うことができます。

中東8カ国で使えるプリペイドSIMカードをアマゾンで購入しておきました。
問題なく使えることを確認。

 

広告

テルアビブ市内へ移動(鉄道)

準備が整ったので、空港から鉄道でテルアビブ市内に移動します。

2番プラットフォームの列車がテルアビブ市内に行きます。
1番プラットフォームの列車に乗ると、エルサレムに行きます。

車内に行先表示があって分かりやすいです。

 

テルアビブ

8時50分、テルアビブ中央駅で降りました。

気温は20度前半でちょうど良いですが、日差しが強いです。

↑駅前の景色

テルアビブは、イスラエルの人口第2位の都市です。(1位はエルサレム)

う~ん、都会といえば都会かな。

予約しているホテルまでは、徒歩1時間くらいかかるのですが、街の雰囲気を掴むために歩いて行こうと思います。

車道の間に遊歩道が整備されていることが多いです。

平和そのもの。ロケット弾が飛んでくるなんて想像できません。

このシェア電動キックボードで移動してる人が多いです。

↑謎のポスター

PURIMってのは、ユダヤ教の祝日らしいです。

なぜ鼻から入れた指が脳天を突き破るのかは分かりません。

↑巨大なホテル

軽く歩いてみたテルアビブの印象としては、地中海ぽさとアラブぽさが合わさった感じですかね。

↑モスク

↑地中海

海沿いに高層ビルが立ち並んでいます。

水温が低いので、泳いでいる人はほとんどいません。

 

広告

The O Pod カプセルホテル

今回予約した「The O Pod カプセルホテル」は、こちらの建物の中にあります。

かなり時間早いですが、チェックインさせてくれました。

カプセルホテル 1泊 152シェケル ≒ 5,700円

↑ホテルからの眺め

眺めは良いけど、カプセルホテルでこの値段は高けーよ

まぁこのホテルが高いんじゃなくて、テルアビブの物価が馬鹿みたいに高いんですけどね。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の発表している、世界で最も物価の高い都市トップ11[2022年版]で、テルアビブはなんと3位に輝いていますから。

ちなみに同率1位がシンガポールとニューヨークです。

ヤバいっしょ。バックパッカー泣かせの町です。

明日はエルサレムに移動しちゃうので、少し休憩したら、観光に出かけようと思います。

 

次の記事へ↓

広告

-イスラエル, 中東, 海外旅行
-, , , , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.