カナダ 北米 海外旅行

2023/7/22 Cトレインでカルガリー中心部に移動して、チャイナタウンで日本食を食べます

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

カルガリー

↑部屋からの眺め

8時、起床。

カルガリー空港近くのホテル「Emerald Hotel and Suites」に宿泊しています。

受付で、無料の朝ごはんをもらって部屋で食べました。

デカサンドイッチあんまり美味しくなかったです。

11時、ホテルをチェックアウト。

気温は、メキシコティとあまり変わらないかな。

ダウンタウンに移動するために、最寄り駅まで歩きます。

カナダは車社会。こんな道歩いてるやつなんていやしない。

リス?がいました。

きゃわわ❤︎

すべてが大きくて、カナダって感じです。

 

Cトレイン

11時20分、Cトレインの「ランドル駅」に着きました。

Cトレインは、ダウンタウンと郊外を結ぶ電車です。

駅の周りには、ジャンキーがいました。

1回券 3.6カナダドル ≒ 390円

券売機で買いました。

↑SD-160車輌

 

広告

ダウンタウン

11時40分、「シティホール駅」で下車。

さすがカナダ第3の都市。都会です。

左に見えるのは、カルガリー・タワーです。

完全に火事で建物が崩壊しています。しかもかなり最近と思われる。

警察官に羽交い締めにされてる男も見たし、あんまり治安良くないのかも。

公園でアフロカリビアンフードフェスが開かれてました。

カルガリーは、非白人が40%を占める、他人種・他民族都市です。

予約した安宿「HI カルガリー シティ センター ホステルズ」に来ました。

さっきのフェスの隣なのでドンツク♪ ドンツク♪ うるさいです。

まだチェックイン時間前なので、荷物を預かってもらいました。
スタッフにワーホリで働いている日本人女性がいました。

身軽になったので、観光開始。

↑「Wonderland」というアート

白いワイヤーを組み合わせて少女の顔を表現した作品です。

街中にパブリックアートが点在しています。

 

チャイナタウン

100年以上の歴史を持つ、カナダで4番目に大きなチャイナタウンです。

仰々しい牌楼(中華門)がないところが、ガチっぽい。

歩いてる人は、ほとんど中華系です。

ローカル感あふれる中華料理屋がたくさんあります。

↑新聞

塾かな?

↑卡城中華文化中心

文化センターです。

天井の模様が美しかった。

ショッピングセンター「Dragon City Mall」に入りました。

オタクショップとか

日本のお菓子を売ってるお店がありました。

 

広告

日本食

ショッピングモールの中の日本料理屋「十勝」でお昼ご飯を食べます。

入口の商品ディスプレイが日本ぽいです。

オーナーは日本人かな。

↑店内

店員は、中国人でした。

ハイボール(ウイスキー) 6カナダドル ≒ 650円

お酒はジン、ラム、ウイスキーから選べました。
でも割るのはコーラ一択なので、日本だとコークハイボールと呼ばれるものですね。

ランチコンボ 15カナダドル ≒ 1,600円

味噌汁と寿司と天ぷらとサラダと白米です。

白米いるか?

ちゃんと日本の味で美味しかったです。

天ぷら冷めてるけどね

シェフは日本人に違いない!と思って日本語で話しかけたら中国人で、「は?」という反応をされました。恥ずかったです。

税金とチップ含めて2,500円くらい払いました。外食は日本の倍くらいしますね。

ごちそうさまでした。

 

引き継ぎ、カルガリーを観光していきます。

次の記事へ↓

広告

-カナダ, 北米, 海外旅行
-, , , ,

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.