アジア インド 海外旅行

2016/8/11 最終目的地コルカタ到着 詐欺師のサダム・カーンに遭遇する

<<前の記事   次の記事>>

更新日:

ハウラー駅

コルカタのハウラー駅到着。
インドの列車ってアナウンスがないから、通り過ぎてしまわないか不安なんだよね。
近くのインド人に自分が降りる駅を伝えておくと到着した時に呼んでくれるからいいよ。

インド第3の都市だけあって立派な駅だ。

フーグリー河をフェリーで渡る

駅に両替所があるかと思って探していたけど見つからないので手荷物検査所の近くにいたオッサンに聞いたら、付いて来いと言われフーグリー川をフェリーで渡ることになった。
フェリーは片道5ルピーだから一番安い移動方法だと思う。

水汚ね。

船の中には足に障害を持った人がいて、お金を集めて回っていた。
駅のホームにもそういったハンディキャップを持った人がたくさんいる。
裕福な人でなくても、そういった人にみんなお金を渡していた。
そういうところは、日本もみならうべきだと思った。

対岸に着いて、バンク・オブ・インディアに行き両替した。
5や20ルピーなどの小さいお金も含めてくれと言ったのだが伝わらず全て5と20ルピー紙幣で渡されたのですごい量のお金になった。
インド人は英語を話せる人が多いけど、なまりがきついから聞き取るのが大変よ。
発音なんか関係なしに堂々と話すところは確実に見習った方がいいけどね。

広告

コルカタ市内

誰の銅像だ?
ここから歩いてサダルストリートという、安宿が集まる通りに向かう。

コルカタで有名な詐欺師、サダム・カーンに遭遇

突然、にわか雨が降ってきた。
店の軒先で雨宿りしていると、サダム・カーンというインド人に話しかけられた。最初はおいらのことをネパリ(ネパール人)だと思っていたらしいんだけど、日本人だと分かると日本語で話し始めた。
サダムさんはガヤ生まれで、バンガロールに住んでいるんだけど旅行でコルカタに来ているとのことだった。日本語を勉強していたことがあるから日本に行ったことはないけど日本語を話せるんだとか。
インド人の語学力まじぱねーわ。
インドだけでも30近い言語があるって言うしね。
彼とは最終日まで一緒に行動することになった。

=============================================
※日本に帰国後にネットで調べて分かったが、『サダム・カーン』はコルカタで有名な詐欺師のようです。おいらは2日間、一緒に行動して何も問題なかったですが、ご注意ください!
↓この動画に出てくるやつが、そのサダム・カーンです。

チャイ休憩。
コルカタは素焼きのカップで飲むのね。
めちゃ熱!アイスチャイとかないのか??売れると思うどね。

広告

ホテル「PUSHPAK」

サダムさんオススメの宿。PUSHPAKに泊まることにした。

ドミトリー。1泊、500ルピー。
現地の人が多く泊まっている感じだった。
布団があまり綺麗でなかったので、オススメはしないかな。

インドのKFCで夕食

ホテルに荷物を置いて、サダムさんとKFCに来た。
インドにしかないハンバーガーを注文。たぶん美味しかったと思う。

体調はだいぶ良くなっていた。
コルカタはこれまで訪れた都市よりキレイで、客引きもそこまでひどくないので気に入った。

明日は、詐欺師のサダムさんとコルカタ観光します。

次の記事へ↓

広告

-アジア, インド, 海外旅行

Copyright© クロカワのぶらり海外一人旅 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.